中園ミホ とは

中園ミホは東京都出身の脚本家。日本大学第二高等学校、日本大学芸術学部卒。2010年度から日本大学芸術学部客員教授を務める。1959年7月16日生まれ。

大学卒業後、広告代理店に入社。1年3か月で広告代理店を退職したのち、コピーライター、四柱推命の占い師などの職業を経験。偶然知り合った脚本家の田中陽造の清書係に就く。

その後、同じく脚本家の桃井章と知り合い、桃井の妻を世話するなど懇意になり、これらをきっかけにシナリオライターとなる。

1988年に『ニュータウン仮分署』でデビュー。

1993年に34歳で未婚のまま長男を産んだ時だといい、家で子供を育てながら続けられるのは脚本家しかないと覚悟を決めたという。

長男の出産後に1995年のフジテレビ月9ドラマ『For You』で復帰。同作品では主演の中山美穂が未婚の母親を演じたがこれには中園自身の未婚の母としての経験が反映されているという。

2007年にドラマ『ハケンの品格』の脚本で放送文化基金賞を受賞し、2008年に放送ウーマン賞2007を受賞。

2013年に橋田賞を受賞。ドラマ『はつ恋』、『Doctor-X外科医・大門未知子』で向田邦子賞を受賞。

2015年にドラマ『花子とアン』で東京ドラマアウォード2015脚本賞を受賞。

連続ドラマの代表作にフジテレビ『Age,35 恋しくて』『大和なでしこ』『スタアの恋』、日本テレビ『anego[アネゴ]』『ハケンの品格』、テレビ朝日『Doctor-X 外科医・大門未知子』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』などがある。

2007年に初のエッセイ『恋愛大好きですが、何か?』、2009年に林真理子、大沢在昌、山本一力との共作で『売れる小説の書き方。』、2016年には著書『ぐーたら女の成功術』をそれぞれ出版した。

当初は本名名義だったが、占い師だった経験からのちにが数の良い『中園ミホ』に改名した。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-01-09 16:01:04

中園ミホ

2021年1月9日
ヒット作連発の脚本家・中園ミホに聞く、仕事における「恐怖」とは?

中園ミホ

2020年9月15日
脚本家・中園ミホ、NHK新番組でダメ出しの真髄知り「ドラマにも活かせる」

小籔千豊


小籔千豊、吉本新喜劇では一切ダメ出しをしない? モチベ維持する統率術

米倉涼子

2019年10月7日
米倉涼子、低髄液圧症候群を患っていた 「ドクターXができなくなるんじゃ」

タモリ

2018年7月19日
タモリ、大物脚本家と不倫報道 「タモさんなら許される風潮」に疑問の声

西郷どん

2018年4月8日
俳優の熱演に称賛も「脚本に難」アリ? 『西郷どん』満足度は…