原田知世 とは

原田知世は長崎県長崎市出身の女優、歌手。バンド「pupa」のボーカル。ショーン・ハラダ所属。1967年11月28日生まれ。身長160cm、血液型A型。原田貴和子は実姉。バンド・pupaではボーカルを担当。

1982年の中学3年生の時に「角川映画大型新人募集」に応募して特別賞を受賞し、14歳で芸能界入り。同年7月にフジテレビ『セーラー服と機関銃』に主演し、女優デビュー。同時に主題歌『悲しいくらいほんとの話』で歌手デビューも果たす。

1983年にオーディションで5万7千人の中から選ばれ、映画『時をかける少女』でスクリーンデビュー。同作品で日本アカデミー賞ほか各映画賞の新人賞を受賞。

薬師丸ひろ子に次ぐ大型新人として話題になり、「角川三人娘(薬師丸ひろ子・渡辺典子・原田知世)」の末っ娘としてアイドル的な人気を得る。

1984年に映画『愛情物語』、『天国にいちばん近い島』、1985年に『早春物語』を公開。歌手としても松任谷由実が提供した『時をかける少女』などの映画主題歌を歌い、「ザ・ベストテン」や「NHK紅白歌合戦」などの歌番組に出演。

1986年に角川春樹事務所から独立。

1989年に『彼女が水着にきがえたら』でトレンディ映画のヒロインを演じた。また、後藤次利のプロデュースでオリジナル曲をリリースする。

1990年代以降は本格的に歌手活動に取り組み、鈴木慶一やゴンチチ、羽毛田丈史、伊藤ゴローらとのコラボレーションによる数々のアルバムを制作。

1995年に味の素AGFのコーヒー「ブレンディ」のCMキャラクターに起用される。以後、20年以上連続して出演し、同一ブランドでのテレビCM出演時間が日本一とされる。

1997年にスウェディッシュ・ポップブームの立役者トーレ・ヨハンソンをプロデューサーに迎えたアルバム『I could be free』で新たなファンを獲得し、オール・スウェディシュ・メンバーとの国内ツアーなどを行った。

2005年5月にイラストレーターのエドツワキと結婚したが、2013年12月に離婚した。同年8月に4年ぶりにメガホンをとった竹中直人監督の映画『サヨナラCOLOR』でヒロインを好演。

2007年に高橋幸宏らとバンド「pupa」を結成。オリコンチャートによると、原田のシングルの累計売上は2010年までに194万枚、アルバムは2005年までに81万枚を記録している。

2018年にNHK連続テレビ小説『半分、青い。』などで母親役を演じ、透明感のある清廉なイメージを確立させた。

2019年に日本テレビ『あなたの番です』で田中圭でW主演を務め話題となる。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2019-11-29 06:01:09