古市憲寿 とは

古市憲寿は、社会学者、作家。1985年1月14日生まれ。東京都出身。若者の「コンサマトリー(=自己目的、自己完結)」について指摘した上で、社会を変えるには「自己中」になる必要があり、「人権とはわがままのこと」であって、それを調整するのが政治の役目であると提言している。

2003年、慶應義塾大学環境情報学部に入学し、2005年にノルウェーのオスロ大学に交換留学(~2006年)

2007年、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程に入学・修了。

2012年、野田内閣の内閣官房国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員に就任。

2013年、安倍晋三内閣の「経済財政動向等についての集中点検会合」委員、内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバーに就任。2016年、日本学術振興会育志賞受賞。

2014年、内閣官房「クールジャパン推進会議」メンバー、朝日新聞信頼回復と再生のための委員会外部委員に就任。

2015年、伊勢志摩サミットロゴマーク選考会審査委員に就任。

2016年、自民党「歴史を学び未来を考える本部」オブザーバーに就任。

2017年、厚生労働省「多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会委員」に就任。

2018年、初の小説『平成くん、さようなら』で第160回芥川龍之介賞候補に挙がる。

2019年、小説『百の夜は跳ねて』で第161回芥川龍之介賞候補に挙がる。内閣府「パラダイムシフトと日本のシナリオ懇談会」メンバーに就任。

『ワイドナショー』『情報プレゼンター とくダネ!』『真相報道バンキシャ』『Together〜だれにも言えないこと〜』『中居正広のニュースな会』、ラジオ『PEOPLE ~伊藤洋介・古市憲寿の J-POP J-MIND~』などに出演。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-06-05 14:46:04

古市憲寿

2021年6月5日
古市憲寿氏、映画館の時短緩和にも「検証ない」と納得せず 中居正広からはツッコミも

古市憲寿

2021年5月29日
古市憲寿氏、緊急事態宣言延長に苦言 「嘘だったことまず認めて」

星野源・新垣結衣

2021年5月20日
応援したくなる芸能人カップルの特徴 古市憲寿氏がファン目線で熱弁

古市憲寿

2021年5月8日
古市憲寿氏、五輪反対論の原因を分析 「政府のちぐはぐさに対する不満」

古市憲寿

2021年4月29日
古市憲寿氏、小池知事の要請に苦言 「戦時下の扇動的な政治家」

古市憲寿

2021年4月28日
古市憲寿氏、「サイン練習してた」と試し書きを公開 「中学生みたいで恥かしい」

古市憲寿

2021年4月3日
古市憲寿氏、まん延防止等重点措置に持論 「天気予報みたい」

古市憲寿

2021年3月25日
『とくダネ』終了で古市憲寿氏が本音 らしさ全開のコメントに反響相次ぐ

古市憲寿

2021年3月10日
古市憲寿氏、有料になったレジ袋にストレス 「本当に撤回してほしい」

古市憲寿

2021年2月27日
古市憲寿氏の政治観と人間関係に反響 「ツイッターやってると勘違いしちゃう」

中居正広


中居正広、東京五輪開催にかける熱意を語る 「何がなんでも見たい」

東野幸治

2021年2月22日
東野幸治、若槻千夏のClubhouse愛に共感 「近々で一緒にやりましょう」