古閑美保 とは

古閑美保は熊本県出身のプロゴルファー。1982年7月30日生まれ。身長167cm。体重60kg。血液型B型。

小学5年の時にゴルフを始める。坂田信弘が主催する坂田ジュニアゴルフ塾に1期生として入塾。

中学校在学時に、ジャパンカップ、世界ジュニアゴルフ選手権、日本ジュニアゴルフ選手権競技で優勝。高等学校時代には、全国高等学校ゴルフ選手権大会連覇などの成績を修める。2001年、元・日本女子プロゴルフ協会会長の清元登子に師事し、プロテスト一発合格。日本女子オープンゴルフ選手権競技で国内プロ初出場を果たす。

2003年、ヨネックスレディスゴルフトーナメントで初優勝。LPGA新人賞と日本プロスポーツ新人賞を獲得。2004年、クラフト・ナビスコ選手権で日本国外メジャー初出場。

2006年、賞金ランキング6位を記録。獲得賞金は約8632万円。2007年、リコー杯女子ゴルフにて公式戦初優勝を果たす。賞金ランキング4位、賞金総額は約9429万円。

2008年、賞金総額1億2085万4137円で初の賞金女王に輝く。2011年、トーナメントプロを引退。2017年、プロゴルファーの小平智と結婚。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2019-05-23 18:42:05