吉永小百合 とは

吉永小百合は東京都出身の女優。1945年3月13日生まれ。1960年代を代表する人気映画女優。夫はフジテレビディレクターで共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。

1957年、小学校6年生の時に連続ラジオドラマ「赤胴鈴之助」(ラジオ東京)でデビュー。テレビドラマ「赤胴鈴之助」(ラジオ東京)でテレビデビューを果たす。

1959年、松竹映画「朝を呼ぶ口笛」で映画デビュー。1960年、日活撮影所に入社。

1962年、映画「キューポラのある街」にヒロイン役で出演。レコード「寒い朝」でレコードデビューを果たす。橋幸夫とのデュエット「いつでも夢を」が30万枚の大ヒット。

1969年、早稲田大学第二文学部西洋史学専修を次席で卒業。1973年、フジテレビディレクター岡田太郎と結婚。

女優として多くの映画に出演。広島を舞台にした作品に出演して以降、原爆詩の朗読もおこなっている。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2019-10-27 05:05:02

ももいろクローバーZ

2019年10月27日
吉永小百合、ももクロと共演 代表曲を一緒に踊る姿にファン感激

運転

2019年10月17日
吉永小百合、運転免許証を返納した理由 「それは危ない…」

2019年10月16日
石田ゆり子、吉永小百合、天海祐希が3ショット 「ゆりトリオ」の秘密は…

有吉マツコ

2017年11月30日
「叶姉妹は感動」 有吉・マツコの「オーラの有無」解説が秀逸すぎる

2017年4月15日
タモリが学生時代にしていた「ストーカー行為」がヤバすぎると話題に

写真

2016年2月6日
吉永小百合に○○のお母さんも!意外な人のラジオ番組3選