岸井ゆきの とは

岸井ゆきのは神奈川県出身の女優。1992年2月11日生まれ。

2009年、ドラマ「小公女セイラ」(TBS系)でデビュー。2010年、ドラマ「Q10」(日本テレビ系)に出演。2011年、映画「ランウェイ☆ビート」に出演。舞台「宮本武蔵」に出演。

2016年、大河ドラマ「真田丸」(NHK)に出演。2017年、映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」で映画初主演を果たす。「第39回ヨコハマ映画祭」最優秀新人賞を受賞。

2018年、連続テレビ小説「まんぷく」(NHK)で朝ドラに初出演。2019年、映画「愛がなんだ」にて主演。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-03-24 02:30:29