広瀬香美 とは

広瀬香美は、シンガーソングタイラー、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ボイストレーナー。1966年4月12日生まれ。福岡県出身。冬にヒットする曲が多いことから「冬の女王」とも呼ばれる。Muse Endeavor inc.所属、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと契約。

3歳からクラシック音楽の英才教育を受け、4歳からピアノ、5歳から和声学などクラシック音楽の作曲法を習い、6歳には作曲も開始。

国立音楽大学在学中にロサンゼルスに渡り、マイケル・ジャクソンのヴォイストレーナーであるセス・リッグスのオーディションを受け、東洋人で初めての合格者として約3年間師事。日本人ギタリスト平野T.J.ヨーイチと日本デビューに向けてデモテープを制作。帰国後、ビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)のプロデューサー田村充義の目に止まり、同社からシンガーソングライターとしてのデビューが決定。

1992年7月、アルバム『Bingo!』でデビューし、1stシングル『愛があれば大丈夫』を発売。

1993年、アルペンのCMソングになった3rdシングル『ロマンスの神様』は、オリコンチャートで170万枚を越える大ヒットとなりブレイク。以降、『幸せをつかみたい』『ゲレンデがとけるほど恋したい』『promise』など数々のヒット曲を生み出す。

1999年、独自のメソッドを提唱するヴォイス・トレーニングやヴォーカル・レッスンを行う「Do Dream」(現・広瀬香美音楽学校)を開校し、校長を務める。母校の福岡女学院大学で客員教授とも務める。

2009年、日本人メジャーアーティストとして初のTwitterコンサートを開催。Twitter上でのやり取りを通じて「ビバ☆シリーズ」と称して『ビバ☆ヒウィッヒヒー』など5曲を作曲してブログやYouTubeのビクター公式チャンネルで配信。それらを収録した『ビバ☆ベスト』をPC配信限定アルバムとして発売。

2010年、ニッポン放送他全国35局ネットで冠番組『広瀬香美 ラジオdeフォロ〜ミ〜』がスタート。

2012年、NHK Eテレにて『趣味Do楽 「誰でも歌はうまくなる!〜広瀬香美のボーカル・レッスン〜」』が放映開始。

2015年、「広瀬香美合唱団」を設立。

毎年恒例のピアノ弾き語りコンサートやバンドツアーとともに、ボイストレーナーやYouTube上での活動も行い、音楽を通したのつながりをつくる活動を積極的に展開。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-12-22 11:25:35


"広瀬香美" の最新画像


全部見る

"広瀬香美"の最新情報・ニュース (22件)

広瀬香美の新曲「君にセレナーデ」 テレ東『ウィンタースポーツ2022』テーマ曲に

ハラミちゃん

ハラミちゃん、全国ツアーファイナル開催 広瀬香美もサプライズ登場

広瀬香美

広瀬香美、稲垣吾郎&草なぎ剛&香取慎吾と共演 ミュージックレッスンも開講

EXIT・兼近大樹

EXIT兼近、アイデア出した曲が広瀬香美のアルバムに収録決定 印税を心配も

カメラ

関ジャニ丸山、広瀬香美の歌を原曲キーで歌唱 メンバーの表情に注目集まる

ミラクルひかる、モノマネして怒られた大物歌手を暴露 「許してくれるって思ってた」

広瀬香美、バズリ中の歌ってみた動画の裏側暴露 ファンの嵐・櫻井翔が心配なのは…

霜降り明星・せいや

霜降り・せいや、悲しすぎる失恋を振り返る 「告白のタイミング間違えて…」

広瀬香美「ピアノは打楽器」 歌ってみた動画の反響について語る

広瀬香美、絶対音感に翻弄された子供時代を告白 「初恋の相手はバスのスーくん」

『ダウンタウンなう』広瀬香美、絶対音感が理由で特殊な初恋 松本人志が困惑

どぶろっく

どぶろっく、広瀬香美の名曲を歌った結果… 「ウマすぎてビビる」



人気記事ランキング