手塚治虫 とは

手塚治虫は兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメ監督、医学博士。1928年11月3日生まれ。血液型A型。戦後日本に置いてストーリー漫画の第一人者として、漫画表現の開拓者的な存在として活躍した。

開放的な家庭に育ち、漫画とアニメーションに親しみ、機智に富んだ想像力豊かな少年であった。
また昆虫をこよなく愛し、ファーブルを思わせる少年でもあった。自身のペンネームに「虫」という字を当てたことでも、その興味のほどがわかる。

中学時代から漫画を描き、大阪帝国大学附属医学専門部在学中の1946年に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』で漫画家デビュー。
翌年の『新宝島』が大ベストセラーとなり、漫画家としての地位を確立する。

1951年に代表作『鉄腕アトム』の連載を始め、以後、膨大な数の作品を発表し続け、現在のストーリー漫画の骨格を生み出し、「漫画の神様」と呼ばれる。

1962年に虫プロダクションを設立。(1973年に倒産)

1963年から放映を開始したTVアニメ『鉄腕アトム』は爆発的な人気を呼び、アニメブームの先駆となった。

1967年に自ら創刊した『COM』は漫画青年のバイブル誌となり、同誌に連載された『火の鳥』はライフワークとして知られる。

受賞経験は数知れず、他の代表作に『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『火の鳥』『ブッダ』『ブラックジャック』『三つ目がとおる』『アドルフに告ぐ』『ネオ・ファウスト』『ルードウィヒ・B』など多数、漫画以外の著書に『ボクはマンガ家』『手塚治虫ランド』などがある。

手塚の作品は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国にも輸出され、世界の子ども達の夢を育んだ。加えて大人向け長編アニメの制作など、アニメのあらゆる可能性にチャレンジした。

これらのTVアニメ、商業アニメにおける業績に加え、晩年は実験アニメにおいても国際的に大きな評価を得た。それらのすべての作品には、手塚の永遠のテーマである生命の尊さが貫かれている。

偉大な文化の創造者である手塚は立ち止まることを知らず、常に大いなる開拓精神と飽くなき情熱と未来を見つめる確かな眼差しを持って、その生涯を走り抜けた。

1989年2月9日に胃癌のため、死去。

1994年4月に出身地である兵庫県宝塚市に手塚治虫記念館を設立。悦子夫人が館長を務める。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2022-05-26 15:01:04


"手塚治虫"の最新情報・ニュース (10件)

B-PLAID タオルハンカチ TakeMe 今治タオル

Amazonタイムセール 夏の必須アイテム「タオルハンカチ」がお買い得

elfin’

美声女ユニット・elfin’、『モニカ&フレンズ』手洗いソング日本語版を歌う

加藤浩次

『スッキリ』加藤浩次、AIの描く漫画に疑問噴出 「手塚先生の盗作だよ」

カラテカ・矢部太郎

カラテカ矢部、AIの作る漫画にびっくり 連載依頼も「壊滅的に…」

チコちゃん

シーンという音は実際になっている? チコちゃんの解説に困惑の声

稲垣吾郎

稲垣吾郎、二階堂ふみと「濃厚濡れ場」 「今度は生々しくしてほしい」と心配も

蛭子さん

賭け麻雀で逮捕、『バス旅』に不満、手塚治虫が苦言… 「蛭子能収伝説」がクズすぎる

美人声優ユニット『elfin’』が手塚治虫作品のエンディングに挑戦 声の出演も決定

漫画の街・吉祥寺で開催中!手塚治虫文化祭〜キチムシ‘15



人気記事ランキング