斉藤由貴 とは

斉藤由貴は神奈川県出身の女優、歌手、作詞家、小説家、ナレーター。東宝芸能所属。所属レコード会社はヤマハミュージックコミュニケーションズ。1966年9月10日生まれ。身長161cm、血液型B型。

1984年に『少年マガジン』(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリに選ばれる。同年10月に明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMが話題を呼び、テレビ初登場。

1985年2月に「時代だって、由貴に染まる。」というキャッチフレーズのもと、ポニーキャニオンより『卒業』で歌手デビュー。同曲はオリコンで最高6位を記録し、約35万枚のヒットとなる。

同年4月放送開始のフジテレビ系『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。スケバン刑事が一世を風靡し、トップアイドルへと上り詰める。同年12月には初の主演映画『雪の断章 -情熱-』が公開され各映画賞の新人賞を受賞。

1986年4月からNHK連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じ平均視聴率40%を記録するヒット作となり、人気と知名度を全国的に定着させた。

同年3月に発売の『悲しみよこんにちは』が約30万枚の売上を記録し、年末の『第37回NHK紅白歌合戦』へ初出場し当時最年少の紅組キャプテンを務めた。

1987年1月にフジテレビ『あまえないでヨ!』に主演。スペシャル版が同年9月に放送された。

同年8月に黒柳徹子の自伝エッセイを映画化した『トットチャンネル』に主演。監督・脚本の大森一樹とは『恋する女たち』(1986年)および『「さよなら」の女たち』(1987年)でもタッグを組んでいる。

この“三部作”で東宝青春映画のスターの地位を確立。芸術選奨文部大臣新人賞、『トットチャンネル』と『恋する女たち』により第11回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞し司会も務め、舞台では『レ・ミゼラブル』初演において初代コゼット役を務めた。

1988年に雑誌『月刊カドカワ』の連載『運命の女』ファムファタルがスタートし(1988年5月号から1996年8月号まで連載された)女優活動のみならず、詩、小説、エッセイなどの著作がある。

同年7月公開の主演映画『優駿 ORACIÓN』はフジテレビ開局30周年記念作品として制作され、240万人超を動員する興行成績を残す大ヒット作となった。また第12回日本アカデミー賞では『「さよなら」の女たち』・『優駿 ORACIÓN』で2年連続優秀主演女優賞を受賞。

1989年1月にTBS『はいすくーる落書』に主演。スペシャル版が同年12月放送され、1990年7月-9月にパート2が放送された。

同年4月に主演ドラマ『湘南物語』の主題歌として井上陽水のカバー曲『夢の中へ』をリリース。オリコン週間シングルチャート第2位、1989年度年間第14位となり、自身最大のヒット曲となった。

その後も渡邊孝好監督『君は僕をスキになる』 (1989年)、金子修介監督『香港パラダイス』 (1990年)、森田芳光監督『おいしい結婚』(1991年)と、数々の映画作品に主演した。

1990年7月にオリジナル・アルバル『MOON』発売、斉藤自身がプロデュースを初めて行い作詞全曲も担当した。楽曲中では斉藤自身のナレーションによる語りも収録されている。

作詞家としてもミュージカル『ローマの休日』(1998年上演)に使用された楽曲の作詞を担当(1998年度芸術祭賞受賞)。初演から22年ぶりの再演(2020年上演)でも引き続き、斉藤が作詞を担当している。

1993年10月に日本テレビ『同窓会』で主演。それまでの役柄とは正反対ともいえる汚れ役が話題となった。

1995年に三谷幸喜脚本による舞台『君となら~Nobody Else But You 』(PARCO劇場)に主演。

1997年にも再演され、2014年には 竹内結子主演で再々公演された。以後、多くのパルコ・プロデュース作品に出演する。

1998年に映画『雪の断章 -情熱-』から13年ぶりに相米慎二監督、映画『あ、春』に出演し、作品はキネマ旬報ベスト・テンの第1位になっている。

2001年に第27回菊田一夫演劇賞『空のかあさま』(芸術座)を受賞。音楽番組TBS『クリスマスの約束』のナレーションを2001年から2016年まで担当したほか、ドキュメンタリー番組など数多くの番組でナレーターを務めている。

2006年5月に 宮藤官九郎脚本のTBS『吾輩は主婦である』では主演を務め、コメディエンヌぶりが高い評判を呼び、改めて注目される。
『吾輩は主婦である』は、2006年度6月ギャラクシー賞月間賞を受賞。

またザテレビジョンドラマアカデミー賞で斉藤は主演女優賞2位、作品賞3位を獲得した。

2008年3月8日にPARCO劇場にて単独では結婚以来13年ぶりのコンサートを開催、チケットは即日完売となり翌日に追加公演を行った。以後コンスタントに歌手活動を再開している。

2010年4月に黒木瞳、高橋克典、斉藤由貴、三上博史、主演ドラマ『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』に出演。

2014年に三谷幸喜が初めて「オンナ」同士のバトルを描いた舞台『紫式部ダイアリー』(PARCO劇場)に長澤まさみと二人芝居で共演し、全公演のチケットが即日完売となった。

2015年2月21日に歌手デビュー30周年を迎え、3月11日には1985年のデビュー以来初の試みとなるジャズスタンダードを選曲したアルバム『ETERNITY』を発売。

3月13日から15日まで東京・日比谷シアタークリエで「斉藤由貴30th Anniversary Concert」を開催した。本公演は、前売り全席が早々に完売、カメラ席や関係者席を開放後も即完売、当日券も即売となった。

2016年1月に三谷幸喜脚本の大河ドラマ『真田丸』に出演。

12月24日には「第42回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」を25年ぶり2度目のパーソナリティ一を務めた。

2017年1月にNHK『お母さん、娘をやめていいですか?』では複雑に絡んだ母娘の物語をサスペンスフルに描くモンスターホームドラマを演じ、第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演女優賞を獲得し、同年6月、第8回岩谷時子賞「岩谷時子 特別賞」を受賞。
同年7月にTBS『カンナさーん!』で初のおばあちゃん役を演じた。

2017年に是枝裕和監督する映画『三度目の殺人』での演技が評価される。

2018年2月にブルーリボン賞助演女優賞受賞と第27回東京スポーツ映画大賞助演女優賞を受賞。

2019年1月にフジ系連続ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』に出演。斉藤が同局の連続ドラマに出演するのは、1989年の主演作『LUCKY! 天使、都へ行く』以来30年ぶりとなる。

同年には三谷幸喜の映画では初参加となる『記憶にございません!』(東宝)、恩田陸の短編小説の映画化『蜜蜂と遠雷』(東宝)、常盤司郎監督、長編映画デビュー作『最初の晩餐』(KADOKAWA)など話題作に相次い出演している。

2020年3月に常盤司郎監督の映画『最初の晩餐』(2019年)で第34回高崎映画祭にて最優秀助演女優賞を受賞。作品としては4部門受賞の最多受賞を達成した。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-10-17 05:01:06

斉藤由貴

2020年10月17日
斉藤由貴、歌手デビュー35周年記念コンサート『THANKS GIVING』開催

竹内結子

2019年3月11日
竹内結子、収録中に泣き出し共演者も動揺 「事務所もよくOKしたな」と驚きの声も

斉藤由貴

2018年5月17日
斉藤由貴、長女から「スリリングな母が好き」 感動エピソードに違和感も

斉藤由貴

2017年11月3日
斉藤由貴と不倫できるならしたい? 男性たちのリアルな本音に驚愕

2017年9月13日
『カンナ』女同士の友情に号泣する視聴者続出「自分らしくいよう」

パンツ

2017年9月12日
斉藤由貴と不倫の医師、「パンツかぶり写真」が掲載 「変態仮面」と厳しい声

医師

2017年9月11日
「謝るのは僕の家族だけ」 斉藤由貴と不倫・50代医師の釈明に批判殺到

2017年9月6日
『カンナ』母と子を引き離す…姑・斉藤由貴の仕打ちに「見るのが辛い」

2017年9月5日
斉藤由貴の自撮りキス写真 「子供がかわいそう」「一生軽蔑する」と厳しい声

斉藤由貴

2017年9月1日
斉藤由貴のアウトすぎる性格に騒然 「異次元の世界に住んでる」の声も

2017年8月11日
斉藤由貴や今井絵理子議員は違う? 浮気を「嘘」で乗り切った人は…

2017年8月9日
『カンナ』舅と姑の愛情にほっこり 色々あった斉藤由貴に視聴者は…