新型コロナウイルス とは

新型コロナウイルス感染症は、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、中国を中心に感染が国際的に広がりを見せている。

世界保健機関(WHO)は、2020年1月30日に新型コロナウイルス感染症について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言した。

コロナウイルスは発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることがわかっている。ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られている。

ヒトに日常的に感染する4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10%~15%(流行期は35%)を占め、多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。

そのうち、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれる。また、コロナウイルスは家畜や野生動物などの、我々の周りに棲息するあらゆる動物に感染し、様々な疾患を引き起こすことも知られている。

SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられ、当初、感染源としてハクビシンが疑われていたが、今ではキクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている。

MERS-CoVは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスがであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。

電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100nmの球形で、表面には突起見られる。形態が王冠(crown)に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する「corona」という名前が付けられた。

ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される。コロナウイルスはプラス鎖の一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルスである。

ウイルス粒子は直径約100-200nmで、コロナウイルスのゲノムRNAは約3万塩基とRNAウイルスの中で最長なのが特徴である。

主に飛沫感染・接触感染が感染経路であり、一部の感染者には強い感染力を持つ可能性があると考えられている。死亡した人たちの中には、高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患を患っていた人が多くいた。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-01-28 10:01:04

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

2021年1月28日
新型コロナ感染で適切な治療が受けられるのか 女性の6割から不安の声


約50種類のお守りを全国発送する神社が話題 特例実施する理由を宮司に聞いた

長瀬智也


TOKIO長瀬智也、コロナ禍ならではの失敗談語る 「銭湯でシャワー浴びたら…」

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

2021年1月27日
東京都、27日の新規感染者は973人 重症者は159人に

極楽とんぼ・加藤浩次


「狂犬が久々に見られた」 コロナ交付金の使い道めぐる加藤浩次の怒りに反響

武田真治


武田真治、コロナ及びインフルから回復 「筋肉に裏切られた」の声に返答も

コロナ禍で友人や知人との人間関係に不安がある


20代男性の4割がコロナ禍で人間関係に不安 このまま離れてしまうのでは…

2021年1月26日
死ぬほどかわいい「映え系スイーツ」にネット騒然、作り手は発想力豊かな主婦

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2


東京都、26日の新規感染者は1026人 重症者は148人に

極楽とんぼ・加藤浩次


『スッキリ』コロナ禍で求められる花粉症対策 絶対に心がけたい重要なこと

コロナ感染リスクで外食がしにくく感じている


女性の6割が「コロナ禍で外食しにくい」 自炊するようになった人も

起業家


コロナ禍の失業で一念発起 アイデア勝負に出た青年が収益1億円を達成