新型コロナウイルス とは

新型コロナウイルス感染症は、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、中国を中心に感染が国際的に広がりを見せている。

世界保健機関(WHO)は、2020年1月30日に新型コロナウイルス感染症について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言した。

コロナウイルスは発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることがわかっている。ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られている。

ヒトに日常的に感染する4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10%~15%(流行期は35%)を占め、多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。

そのうち、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれる。また、コロナウイルスは家畜や野生動物などの、我々の周りに棲息するあらゆる動物に感染し、様々な疾患を引き起こすことも知られている。

SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられ、当初、感染源としてハクビシンが疑われていたが、今ではキクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている。

MERS-CoVは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスがであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。

電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100nmの球形で、表面には突起見られる。形態が王冠(crown)に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する「corona」という名前が付けられた。

ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される。コロナウイルスはプラス鎖の一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルスである。

ウイルス粒子は直径約100-200nmで、コロナウイルスのゲノムRNAは約3万塩基とRNAウイルスの中で最長なのが特徴である。

主に飛沫感染・接触感染が感染経路であり、一部の感染者には強い感染力を持つ可能性があると考えられている。死亡した人たちの中には、高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患を患っていた人が多くいた。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-07-05 16:01:10

和田アキ子

2020年7月5日
『アッコにおまかせ』専門家の発言が波紋 「東京はすでに第二波来ている」

東野幸治


東野幸治、番組冒頭に「報告があります」 その内容に心配の声も

ビートたけし・北野武


ビートたけし、コロナ新規感染の3日連続3桁に驚愕 「都知事選やってる暇なんてない」

新型コロナウイルス流行以降¥テイクアウトで購入する頻度が増えた

2020年7月4日
外食派が多く活用 「新型コロナでテイクアウトの利用増」4人に1人

田村淳


田村淳、コロナ禍でのライブ活動成功 「感染者は出ませんでした」

川崎希


川崎希、待ち時間ゼロのディズニーに驚き 「気がついたら10回も…」

小川彩佳アナ


小川彩佳アナ、はちきれんばかりのふっくらお腹披露 「面会制限での出産になりそう」

結婚式


結婚式でクラスター発生 新郎は死亡しゲストが新型コロナに大量感染

高嶋ちさ子


高嶋ちさ子がコロナ禍での無観客ライブを語る 「どんな気分かと思ったけど…」

土田晃之


土田晃之、“夜の街”連呼する小池都知事に疑問 「昼の街は相当安全なのか」

田村淳

2020年7月3日
田村淳、コロナ“夜の街4割”に疑問 「昼も夜も関係ないのでは?」

小池百合子


小池都知事、池袋のコロナ感染者増を懸念 「PCR検査をもっと受けて」