新型コロナウイルス とは

新型コロナウイルス感染症は、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、中国を中心に感染が国際的に広がりを見せている。

世界保健機関(WHO)は、2020年1月30日に新型コロナウイルス感染症について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言した。

コロナウイルスは発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることがわかっている。ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られている。

ヒトに日常的に感染する4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10%~15%(流行期は35%)を占め、多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。

そのうち、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれる。また、コロナウイルスは家畜や野生動物などの、我々の周りに棲息するあらゆる動物に感染し、様々な疾患を引き起こすことも知られている。

SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられ、当初、感染源としてハクビシンが疑われていたが、今ではキクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている。

MERS-CoVは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスがであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。

電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100nmの球形で、表面には突起見られる。形態が王冠(crown)に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する「corona」という名前が付けられた。

ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される。コロナウイルスはプラス鎖の一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルスである。

ウイルス粒子は直径約100-200nmで、コロナウイルスのゲノムRNAは約3万塩基とRNAウイルスの中で最長なのが特徴である。

主に飛沫感染・接触感染が感染経路であり、一部の感染者には強い感染力を持つ可能性があると考えられている。死亡した人たちの中には、高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患を患っていた人が多くいた。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-02-18 14:05:02

丸山桂里奈

2020年2月18日
新型コロナで東京五輪は中止すべき? 丸山桂里奈の意見に「たしかに…」の声

茂木敏充外務大臣


香港発クルーズ船・ウエステルダム号 新型コロナ検査で邦人乗客4人は陰性

教室


SNSで「学校休ませよう」との呼びかけが話題 文科省は「休校は学校設置者の判断」

マスクをする女性


ハワイ旅行後の日本人が新型ウイルス感染 米国はここまで情報公開

マスク・風邪


マスク難民続出で「自分で作るしかない」と話題 経産省は「一日も早く流通させたい」

マツコ・デラックス


マツコ、新型コロナ対策に疑問 「人混みに行かずにどうやって生活するのよ」

大阪オートメッセ2020

2020年2月17日
新型コロナの脅威がここにも… 「大阪オートメッセ」マスク姿のコンパニオン

寝込む男性

2020年2月16日
体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺

乳児

2020年2月15日
新型コロナウイルス感染の妊婦が赤ちゃんを出産 「最初の検査では陰性」

動画撮影


「これがコロナウイルスのばらまき方」 超悪質な動画に批判噴出

風邪

2020年2月13日
警視庁「マスクをそのまま捨てないで」 その理由に“怖い”の声

ダイヤモンドプリンセス


新型ウイルス感染が相次ぐクルーズ船 全員検査しなかったことに野党も疑問符