"新型コロナウイルス" とは

新型コロナウイルス感染症は、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、中国を中心に感染が国際的に広がりを見せている。

世界保健機関(WHO)は、2020年1月30日に新型コロナウイルス感染症について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言した。

コロナウイルスは発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることがわかっている。ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られている。

ヒトに日常的に感染する4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10%~15%(流行期は35%)を占め、多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。

そのうち、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれる。また、コロナウイルスは家畜や野生動物などの、我々の周りに棲息するあらゆる動物に感染し、様々な疾患を引き起こすことも知られている。

SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられ、当初、感染源としてハクビシンが疑われていたが、今ではキクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている。

MERS-CoVは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスがであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。

電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100nmの球形で、表面には突起見られる。形態が王冠(crown)に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する「corona」という名前が付けられた。

ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される。コロナウイルスはプラス鎖の一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルスである。

ウイルス粒子は直径約100-200nmで、コロナウイルスのゲノムRNAは約3万塩基とRNAウイルスの中で最長なのが特徴である。

主に飛沫感染・接触感染が感染経路であり、一部の感染者には強い感染力を持つ可能性があると考えられている。死亡した人たちの中には、高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患を患っていた人が多くいた。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-10-03 19:01:06

ワクチン・新型コロナウイルス・予防接種・注射

2021年10月3日
「ワクチン接種を」と母親が懇願も受け入れず 元気だった大学生が新型コロナ死

千原ジュニア


千原ジュニア、コロナで外出控えるあまり家で新たな発見 ネタ収集ができず…

東京都庁


東京都、3日のコロナ新規感染者は161人 4日連続で曜日ごとの今年最少を更新

杉村太蔵


杉村太蔵、“杉村説”から冬の第6波発生を懸念 飲食店の認証制にも疑問

集中治療室・ICU


医師の「助けたい」は届かず 仲間の説得で退院した新型コロナ患者が2日後に死亡

コロナワクチン


60代以下のブレークスルー感染死が相次ぐ米 活動的な基礎疾患持ちにも追加接種決定

髪の毛・かきむしる・かゆい・少女


ロックダウン下で頭髪を失った少女 50人に1人が悩まされる「抜毛症」とは

東京都庁

2021年10月2日
東京都、2日のコロナ新規感染者は196人 前週比186人減で土曜日としては今年最少に

舛添要一


舛添前都知事、新型コロナ飲み薬の早期承認求める 規制だらけの日本に苦言も

東京都庁

2021年10月1日
東京都、1日のコロナ新規感染者は200人 先週からは微減も金曜としては今年最少に

小池百合子


小池都知事、ワクチン接種状況について語る 「他の国と肩を並べていくのでは…」


今田耕司にとっての『アナザースカイ』とは… 13年の幕引きに感動の声