"春風亭昇太" とは

春風亭昇太は静岡県出身の落語家、タレント、俳優。落語芸術協会に所属しており、現在は同協会会長。現・『笑点』司会者。出囃子は『デイビー・クロケット (The Ballad of Davy Crockett)』。1959年12月9日生まれ。身長163cm、血液型O型。妻は元宝塚歌劇団雪組娘役の宝珠小夏。

1982年に春風亭柳昇に弟子入りし、春風亭昇八と名乗る。

1986年に二つ目に昇進し、春風亭昇太となる。

1988年NHK 銀河テレビ小説「新橋烏森口青春篇」(原作・椎名誠)に出演。高橋イサオ役。

1989年にNHK新人演芸コンクール優秀賞を受賞。

1990年ににっかん飛切落語会で努力賞を受賞。

1992年に席亭推薦による抜擢で真打に昇進。7人抜きの昇進だった。

1998年に浅草芸能大賞新人賞、花形演芸大賞金賞を受賞。

1999年に国立演芸場主催花形演芸大賞金賞を受賞。

2000年に独演会『古典とわたし』の古典落語に挑戦し、『第55回文化庁芸術祭(演芸部門)』で大賞を受賞。また(社)落語芸術協会平成17年協会監事、日本演芸家連合理事に就任された。

2005年には落語を題材にした宮藤官九郎脚本のTBS『タイガー&ドラゴン』に出演し、自ら出演俳優らに落語の演技指導も行った。同年10月からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティーを務める。

2006年5月に日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーになり、2016年には6代目司会者に抜擢された。

2016年5月に平成28年度静岡県文化奨励賞を受賞。

2018年から城の音声ガイドのナレーションも務めている。同年に第29回日本メガネベストドレッサー賞・文化界部門を受賞。

2019年6月27日に落語芸術協会会長に就任。その後、6月30日放送の笑点の番組エンディングで、一般女性との結婚を報告した。

当初は一般の女性としていたが、青山ケンネル専務取締役の下薗(旧姓)利依(元宝塚歌劇団83期生・雪組娘役の宝珠小夏)である事がその後、明らかとなった。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-03-16 14:46:04

南海キャンディーズ・山里亮太

2021年3月16日
山里亮太、落語家と素人の芸能人が「新機軸落語」披露する番組で二度目のMC

寄席

2020年10月19日
『笑点』三遊亭円楽が座布団10枚獲得 「恥ずかしすぎる賞品」に反響相次ぐ

春風亭昇太

2020年9月12日
『笑点』司会が好評の落語家・春風亭昇太 その人気に傾向判明

春風亭昇太

2020年8月25日
放送55年目の長寿番組『笑点』 人気に地域差があると判明

春風亭昇太

2020年7月18日
年間100城を巡った春風亭昇太、城の楽しみ方を語る マニアックな着眼点が話題に

林家たい平

2020年5月25日
『笑点』リモート大喜利で珍ハプニング 「完全に放送事故」と爆笑相次ぐ

下薗利依

2019年7月9日
春風亭昇太の妻は宝塚出身の資産家令嬢・下薗利依さん 40代とは思えない美貌が話題

2018年12月30日
笑点メンバーの中で一番「寄席で見たい」メンバーは? 1位は5代目圓楽や歌丸さんの芸を受け継ぐ…

2018年12月21日
元日の『笑点』司会として綾瀬はるか出演! 「天然キャラが楽しみ」と喜びの声多数

2018年11月17日
『笑点』メンバーで最も実力があるのは誰?  1位は桂歌丸さんと懇意の…

2018年11月3日
『笑点』メンバーで最も面白いのは誰?  1位は「悪いやつ」と評判の…

2018年9月15日
『笑点』メンバーで最もつまらないのは誰? 1位はやっぱり…