春風亭昇太 とは

春風亭昇太は静岡県出身の落語家、タレント、俳優。落語芸術協会に所属しており、現在は同協会会長。現・『笑点』司会者。出囃子は『デイビー・クロケット (The Ballad of Davy Crockett)』。1959年12月9日生まれ。身長163cm、血液型O型。妻は元宝塚歌劇団雪組娘役の宝珠小夏。

1982年に春風亭柳昇に弟子入りし、春風亭昇八と名乗る。

1986年に二つ目に昇進し、春風亭昇太となる。

1988年NHK 銀河テレビ小説「新橋烏森口青春篇」(原作・椎名誠)に出演。高橋イサオ役。

1989年にNHK新人演芸コンクール優秀賞を受賞。

1990年ににっかん飛切落語会で努力賞を受賞。

1992年に席亭推薦による抜擢で真打に昇進。7人抜きの昇進だった。

1998年に浅草芸能大賞新人賞、花形演芸大賞金賞を受賞。

1999年に国立演芸場主催花形演芸大賞金賞を受賞。

2000年に独演会『古典とわたし』の古典落語に挑戦し、『第55回文化庁芸術祭(演芸部門)』で大賞を受賞。また(社)落語芸術協会平成17年協会監事、日本演芸家連合理事に就任された。

2005年には落語を題材にした宮藤官九郎脚本のTBS『タイガー&ドラゴン』に出演し、自ら出演俳優らに落語の演技指導も行った。同年10月からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティーを務める。

2006年5月に日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーになり、2016年には6代目司会者に抜擢された。

2016年5月に平成28年度静岡県文化奨励賞を受賞。

2018年から城の音声ガイドのナレーションも務めている。同年に第29回日本メガネベストドレッサー賞・文化界部門を受賞。

2019年6月27日に落語芸術協会会長に就任。その後、6月30日放送の笑点の番組エンディングで、一般女性との結婚を報告した。

当初は一般の女性としていたが、青山ケンネル専務取締役の下薗(旧姓)利依(元宝塚歌劇団83期生・雪組娘役の宝珠小夏)である事がその後、明らかとなった。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2016-06-01 20:23:31


"春風亭昇太"の最新情報・ニュース (29件)

桂歌丸が文部科学省から表彰!一方で新しい『笑点』の評価は…

春風亭昇太

春風亭昇太の『笑点』司会就任 地元・静岡市からは歓喜の声

春風亭昇太

笑点の新司会者は春風亭昇太! ファンは複雑な心境か

桂歌丸が『笑点』勇退!次の司会者を勝手に予想してみた



人気記事ランキング




生きてない