本郷奏多 とは

本郷奏多は宮城県出身の俳優。スターダストプロモーション所属。1990年11月15日生まれ。身長174cm、血液型O型。

幼稚園の頃より仙台市に所在の「仙台SOSモデルエージェンシー(現:モラドカンパニー)」でキッズモデルとして活動。その後、スターダストプロモーションに所属。

2002年に劇場公開した映画『リターナー』で俳優デビュー。

2005年に映画『HINOKIO』で、14歳という若さで映画初主演を果たす。同年にTBS『あいくるしい』では、虹色の戦士の1人で主要人物である南雲愁役を演じ、クールな演技で話題となる。

2011年に映画『GANTZ』で最重要キャラクター・西丈一郎役に抜擢され、一気に知名度を上げる。

多趣味でサブカル関連にも造詣が深いためか、漫画の実写化作品に多数出演している。(「テニスの王子様」「進撃の巨人」「未来日記」「アカギ」など)

特に「GANTZ」の西丈一郎は、根暗な雰囲気や切れ長の目、端正なルックスなどそのまま漫画から飛び出してきたような再現率とよく言われており、原作の容姿の方も本郷奏多に寄っていくことになるほどのハマりっぷりで話題となる。

2017年にフジテレビ『ラブホの上野さん』で主演を務めた。同年、劇場版『ポケットモンスター』で声優を務めた。

2018年に映画『いぬやしき』にキーパーソンとして出演。実写映画への再現度の高さから注目を集めた。

2020年に日藝アンバサダーに就任しその功績が称えられ、第14回日藝賞を受賞。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2019-06-22 06:01:17


"本郷奏多"の最新情報・ニュース (9件)

本郷奏多

本郷奏多、”全力変装”でディズニーシーへ 「逆に目立つ」「かわいいのに怖い」

玉城ティナ

玉城ティナ、「いつもそばにいてくれる訳じゃない…」と涙の訴え その理由に爆笑の声

嵐・二宮和也

二宮和也、山﨑賢人に暴言 「こいつ、本物のバカなんだと気づく」

本郷奏多、田中圭

麻雀が趣味の田中圭 出会いの駄菓子屋で「勝つと女性が…」のきっかけ

本郷奏多が『ダウンタウンなう』で驚きの恋愛観を披露 「彼女作るのはデメリットのほうが多い」

映画『鋼の錬金術師』ビジュアル解禁 「ホムンクルスの再現度」に絶賛の声

潔癖すぎる本郷奏多の「おつりは募金」に騒然 「病んでる」の声も

本郷奏多

本郷奏多は「行けたら行く」に嫌悪感 ネットでは共感の声も



人気記事ランキング




生きてない