松尾雄治 とは

松尾雄治は東京都出身の元ラグビーユニオン選手、スポーツキャスター。1954年1月20日生まれ。身長173cm、血液型O型。

立教大学ラグビー部OBの父親の影響もあり、成城学園中学校高等学校からラグビー競合の私立目黒高校に転校。
元祖ミスター・ラグビー。名実共に日本ラグビー史上最高のスタンドオフと呼ばれる。

小学校時代からラグビーを始め、明治大学に進み4年生の時には司令塔として当時低迷していた明大ラグビー部を初の日本一に導く。
大学卒業後、新日鉄に入社。79年から選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権7連覇達成という「不滅の大記録」の原動力となる。
V7達成試合を最後に新日鉄釜石を退社。

7連覇達成後の1985年に現役引退し、ラグビー界初のスポーツキャスターへ。

1998年に普及教育委員に就任。

現在は解説者、タレント活動、講演活動等を通じて自身を築いたラグビー界への恩返しとしての普及、競技者の育成に務める。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-08-16 06:01:05