しらべぇ

松本人志について

しらべぇがお届けする「松本人志」に関する記事ページです。

松本人志は、兵庫県尼崎市出身のお笑い芸人、映画監督、作家である。1963年9月8日生まれ、血液型はB型。お笑いコンビ「ダウンタウン」のボケ担当で、相方は浜田雅功。「まっちゃん」の愛称で親しまれる。よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。

小・中学の同級生である浜田と吉本総合芸能学院(NSC)に入学。入学当初から浜田とコンビを組み、テレビや舞台に出演。1987年に放送を開始した帯番組『4時ですよーだ』(毎日放送)で大阪でブレイクし、翌年は深夜のコント番組『夢で逢えたら』で東京進出を果たす。

現在、『ダウンタウンガキの使いではあらへんで!』等に出演の他、番組の企画・構成も担当している。

1993年から1995年にかけて『週刊朝日』に連載した自信のお笑い観を語った『遺書』及び『松本』として刊行され、それぞれ250万部、200万部売り上げた。

また、映画『大日本人』、『しんぼる』で監督・企画・脚本を手掛け、主演として出演しているほか、『さや侍』『R100』では、監督と脚本を担当した。

2009年には、元タレントの伊原凛と結婚し、娘がいる。娘を溺愛していることから、他の芸人から親バカっぷりをいじられている。

また、2018年1月に筋肉ムキムキな上半身の姿をTwitterで披露をしており、大きな反響を呼んでいる。

関連リンク:公式ツイッター

“松本人志”の記事一覧 (155件)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu