池松壮亮 とは

池松壮亮は福岡県出身の俳優。ホリプロ所属。1990年7月9日生まれ。身長172cm、血液型A型。

2001年の10歳の頃に地元・福岡で子役をしていた姉と一緒に劇団四季ミュージカル『ライオン・キング』の子役オーディションを受け、ヤングシンバ役に選ばれデビュー。その後は姉と同じ劇団ひまわり系列の事務所に所属し子役活動を始める。

2003年にハリウッド映画『ラスト サムライ』で映画初出演。トム・クルーズ演じる主人公と心を通わす少年・飛源を演じて、第30回サターン賞では若手俳優賞にノミネートされた。

2005年に映画『鉄人28号』では1万人を超える中から主人公・金田正太郎役に選ばれ映画初主演を果たす。

2007年に大河ドラマ『風林火山』では武田勝千代(信玄の少年期)及び、その息子である武田勝頼の二役を演じ“名子役”と称された。

2009年に『連続人形活劇 新・三銃士』で人形劇の声優に初挑戦した。

2010年5月にブルーシャトルからホリプロに移籍。

2013年に大学を卒業してからは役者の道一本となり意欲的に多彩なジャンルの作品に出演。

2014年に映画『ぼくたちの家族』『愛の渦』『紙の月』などの演技が評価され、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞、第57回ブルーリボン賞助演男優賞などを受賞。TBS『MOZU』シリーズでは双子の殺し屋・百舌を一人二役で演じ、第39回エランドール賞・新人賞を受賞。

2017年に『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』では現代の市井に生きる若者を演じ、ヨコハマ映画祭主演男優賞など市民映画賞を続けて受賞。

2018年に塚本晋也監督が初めて時代劇を手掛けた映画『斬、』で主演を務め、第75回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品された。

2018年に主演を務めたドラマ『宮本から君へ』が2019年に映画化。この映画での演技が評価され、第93回キネマ旬報ベスト・テンなど主要な映画賞の主演男優賞を受賞。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-10-31 16:11:04


"池松壮亮" の最新画像


全部見る

"池松壮亮"の最新情報・ニュース (12件)

橋本愛

東京国際映画祭が開幕 橋本愛は「開かれたことの有り難み感じる」

宮本から君へ、蒼井優、池松壮亮

山里亮太、蒼井優出演の『宮本から君へ』鑑賞 「嫉妬したのが恥ずかしい」

蒼井優

蒼井優、俳優との結婚にコメント 伊集院光が心配「山里は傷つく」

蒼井優

蒼井優が「SNSをやらない理由」に称賛の声 「本物の役者」「納得できる」

「お尻出せば喜ぶと…」池松壮亮が下半身への執着を語る 「イメージ崩壊」との声相次ぐ

池松壮亮

今夜「魂の土下座」だけでも観るべき! 『宮本から君へ』池松壮亮が激アツ

池松壮亮

池松壮亮『宮本から君へ』特別試写で新入社員へ宮本として熱いエール

ブス会

前田敦子が池松壮亮&柄本時生らとパシャリ 『ブス会』写真に反響

『池の水ぜんぶ抜く』池松壮亮がロケ参加 「楽しくて夢がある!」

喋るだけの青春『セトウツミ』に歌広場淳が「なんか…ヤバい…」

山本美月もびっくり! 池松壮亮の秘密は「便器に落としたスマホを…」



人気記事ランキング