渡哲也 とは

渡哲也は、俳優、歌手。1941年12月28日生まれ、2020年8月10日没。血液型はB型。兵庫県出身。石原プロモーション所属。弟は俳優の渡瀬恒彦。

1964年、大学在学中に友人から「石原裕次郎に会えるかもしれない」と言われて日活撮影所を訪問し、スカウトを受けて入社。

1965年、『あばれ騎士道』で宍戸錠とのダブル主演でデビューし、「エランドール賞」新人賞を受賞。

1966年、『東京流れ者』に主演して同名の主題歌も担当。吉永小百合との初共演映画『愛と死の記録』で「第17回ブルーリボン賞」新人賞を受賞獲得。「裕次郎2世」と言われ、リバイバル版『嵐を呼ぶ男』に主演。

1968年、『無頼より・大幹部』から始まる『無頼』シリーズ6作品が日活時代の代表作となる。

1971年、『関東破門状』で日活を退社し、石原プロモーションへ入社

1974年、大河ドラマ『勝海舟』の主演に抜擢されるが、肋膜炎になり途中降板。『くちなしの花』(発売は1973年)が「全日本有線放送大賞」金賞を獲得して代表曲となり、『第25回NHK紅白歌合戦』に初出場。

1975年、『仁義の墓場』東映作品に初出演、初主演するが専属契約は結ばず、体調が悪化。

1976年、主演『やくざの墓場 くちなしの花』で「第19回ブルーリボン賞」主演男優賞を獲得し、映画界から一時撤退。以降、石原プロの再建と経営安定のためテレビドラマへ本格進出し、主演ドラマ『大都会』シリーズ、主演『西部警察』シリーズがヒット。

1987年、石原裕次郎が死去し、石原プロの二代目社長に就任。

1989年、石原プロ制作作品『ゴリラ・警視庁捜査第8班』の第5話を撮影中のケガが原因で、足をひきずって歩く後遺症が残る。

1991年、直腸癌であると発表。

1996年、大河ドラマ『秀吉』に出演。『わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語』で20年ぶりに映画界に本格復帰し、各映画賞助演男優賞を独占。

2003年、『西部警察2003』の撮影時に見物客が重軽傷を負う事故が発生し、連続ドラマの制作、放送中止を決定。2004年に『西部警察 SPECIAL』として放送。

2005年(平成17年)に紫綬褒章を受章した。大河ドラマ『義経』に出演。

2011年、石原プロモーション社長を退任。年末スペシャルドラマ『帰郷』で渡瀬と約40年ぶりの共演を果たす。

2015年、急性心筋梗塞で手術を受け、宝酒造『松竹梅』のCM撮影で仕事復帰。

2017年、石原プロモーションの相談役と取締役を兼任。

2020年8月10日、肺炎のため死去。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-12-31 16:31:05


"渡哲也"の最新情報・ニュース (10件)

志村けん

例年にない悲劇の年…「2020年の訃報」を振り返る

渡哲也

渡哲也さんの熱演で人気を集めた「昭和の刑事ドラマ」 象徴的シーン3選

みのもんた

『ミヤネ屋』みのもんた、激変した様子に影武者を疑う声も 「覇気がない…」

渡哲也

有吉弘行、亡くなった渡哲也さんとの思い出を語る 「そういう人に私もなりたい」

渡哲也

ビートたけし、渡哲也さんとの思い出語る 「いると若手の役者が気合入っちゃう」

渡哲也

名優・渡哲也さん急逝、ネット上では沈痛の声 「言葉が出ない」

北斗晶

北斗晶、プロレスメイクをやめて素顔になった理由 「画面を見ると…」

舘ひろし

石原軍団解散、なぜか世間の注目は… 「誰が炊き出しをするんだ」

渡瀬恒彦

渡瀬恒彦さん死去 『ちりとてちん』草若の名台詞を思い出す人も



人気記事ランキング