渡瀬恒彦 とは

渡瀬恒彦は兵庫県出身の俳優。東映マネージメント所属。1944年7月28日生まれ。身長174cm、血液型AB型。

1970年に映画「殺し屋人別帳」で主役としてデビュー。

数々の東映映画の出演を経て1978年に「赤穂城断絶」「事件」でブルーリボン賞、日本アカデミー賞、キネマ旬報等助演男優賞を受賞し、1979年には松竹映画「震える舌」「神様のくれた赤ん坊」でキネマ旬報主演男優賞受賞する。

ほかに「セーラー服と機関銃」、「南極物語」、「時代屋の女房」、「敦煌」などに出演。

テレビでは、NHK連続テレビ小説「おしん」、「ちりとてちん」やテレビ朝日「警視庁捜査一課9係」、「タクシードライバーの推理日誌」、TBS「十津川警部」シリーズなど多数出演。シリアスからコミカルまで様々な役を演じた。

2017年3月に多臓器不全のため死去(享年72歳)

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-08-14 21:08:23

渡哲也

2020年8月14日
名優・渡哲也さん急逝、ネット上では沈痛の声 「言葉が出ない」

2018年6月18日
渡瀬恒彦、氷室京介、GACKT… 噂されてきた「芸能界ケンカ最強」がついに決定?

バカリズム

2018年6月16日
かたせ梨乃が明かす「男の手にこだわる」女の本音 バカリズム「女性ってエロい」

2017年3月28日
石原裕次郎「最後のアドリブ芝居」が渡瀬恒彦遺作に重なると感動の声

渡瀬恒彦

2017年3月16日
渡瀬恒彦さん死去 『ちりとてちん』草若の名台詞を思い出す人も

2016年8月26日
『十津川警部シリーズ』から渡瀬と伊東が降板!惜しむ声続々