"相武紗季" とは

相武紗季は、女優。1985年6月20日生まれ。兵庫県出身。血液型はO型。ボックスコーポレーション所属。

2002年、高校球児に会うために「夏の高校野球PR女子高生」へ応募し合格。スカウトされて芸能活動を開始。

2003年、ドラマ『WATER BOYS』で女優デビュー。

2004年、ドラマ『17才夏。〜屋上ガールズ〜』、シナリオ登竜門大賞受賞作『なつのひかり。』など単発ドラマで主役を演じ、『どんまい!』で連続ドラマ初主演。塩屋俊監督の目にとまり、映画『ビートキッズ』で初ヒロインを演じる。

2005年以降、『まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん』『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』で声優としても活動。

2010年、Piper #8『THE LEFT STUFF』で初舞台を踏む。

2013年、『〜感動の神対応バラエティ〜おお!Myゴッド』で初めて司会を務める。アメリカへ短期の語学留学。ドラマ『ミス・パイロット』で帰国後初のテレビドラマ出演。

2016年、一般男性と結婚し、2017年に第1子を出産。

2018年、ドラマ『ブラックペアン』で活動再開。

2020年、第2子を出産。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-05-21 14:54:00