矢部太郎 とは

矢部太郎は東京都出身。吉本興業所属。1977年6月30日生まれ。身長158cm、血液型AB型。お笑い芸人、漫画家。元お笑いコンビ『カラテカ』のボケ担当だった。父は絵本作家のやべみつのり。

1997年11月にお笑いコンビ『カラテカ』を結成。2001年に日本テレビ『進ぬ!電波少年』に出演しブレイク。

バラエティ番組や、舞台『極楽プリズン』「カラテカとゲストの皆様がネタとコーナーをするライブ」に出演。芸人としてだけでなく、俳優として映画や舞台やドラマにも出演するなど多方面で活躍している。

2017年10月には『大家さんと僕』で漫画家デビュー。翌年4月、『第22回手塚治虫文化賞』の短編賞を受賞した。

2019年6月に相方であった入江慎也の詐欺グループとの闇営業が問題となり吉本興業から契約を解消されたとともにカラテカも事実上の解散となった。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-10-16 15:21:04

ビビる大木

2020年10月16日
チュート徳井、「祝25年 第1回ビビる大木ジャンボリー」に出演決定

ビビる大木 AKINA

2020年9月4日
ビビる大木、AKINAと夫婦初共演 25周年記念トークライブの生配信が決定

捨てといて捨てないで

2020年7月15日
新型コロナで仕事がキャンセル 逆境をバネに役者たち自らが映画制作へ

カラテカ 入江慎也

2020年6月6日
カラテカ入江、吉本解雇後の苦難を赤裸々に説明 ネットでは辛辣な声も

カラテカ・矢部太郎

2020年2月26日
カラテカ矢部、AIの作る漫画にびっくり 連載依頼も「壊滅的に…」

中村倫也

2018年12月6日
中村倫也、Yahoo検索大賞受賞に驚き 朝ドラの反響は「凄まじかった…」

2017年11月8日
カラテカ・矢部、大家さんとの「心温まるエピソード」を告白し共感拡がる