竹俣紅 とは

竹俣紅は、元将棋女流棋士、タレント。1998年6月27日生まれ。東京都出身。ワタナベエンターテインメント所属。

2008年、小学4年生時に日本将棋連盟主催の第1回駒姫名人戦優勝。

2010年、第5回白瀧あゆみ杯争奪戦で決勝戦に進出。第32期女流王将戦の予選にアマチュア代表で出場し、アマチュアの小学生として史上初めて女流タイトル戦の本戦に進む。

2012年、中学校2年時にC1に昇級し、女流棋士3級の資格を得て女流棋士の資格を申請して、女流2級(プロ入り)が内定。

2015年、第23期大山名人杯倉敷藤花戦で昇級規定「倉敷藤花戦ベスト8」を満たして女流1級に昇級。第1回女子将棋YAMADAチャレンジ杯で準優勝。

2016年、女流初段に昇段。高校3年生時に1年間対局を休場。

2019年、現役を引退。

2020年、フジテレビジョンに2021年からアナウンサー職で内定していることが報道される。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-06-30 15:01:04