竹内結子 とは

竹内結子は埼玉県出身の女優、ナレーター。スターダストプロモーション所属。1980年4月1日生まれ。身長164cm、血液型A型。夫は俳優の中林大樹。中学校を卒業してすぐの春休みに、原宿でスカウトをされ現事務所に所属。

1995年に大蔵省(現財務省)のCMでデビュー。

1996年に堂本光一主演のフジテレビ『新・木曜の怪談 Cyborg』での快活なヒロイン役女子高生としての全話出演で女優デビュー。

1999年に放送されたNHK連続テレビ小説『あすか』、2001年に放送されたTBS『白い影』ではそれぞれヒロイン役を務め、広く知られるようになる。

その翌年に放送された『ランチの女王』では、フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ(月9)に初主演。

2003年に公開された映画『黄泉がえり』に出演した頃には、「泣きたい夜には、竹内結子」というキャッチフレーズ入りポスターが東宝によって作成された。

2005年6月に映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童と結婚。
妊娠していることも公表し、同年11月に第1子となる男児を出産(2008年2月に離婚。親権は竹内)。

2007年に公開された主演映画『サイドカーに犬』での演技は高く評価され、キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞、日本映画批評家大賞主演女優賞など、多くの受賞をした。

2008年にフジテレビ『薔薇のない花屋』にヒロイン役で出演し、3年ぶりにドラマ復帰した。

2009年にはアメリカABC制作のテレビドラマ『フラッシュフォワード』に出演した。

2010年にスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』で主演を務め、初の刑事役に挑戦した。

2014年に三谷幸喜作・演出の舞台『君となら』で主演を務め、舞台に初挑戦。

2015年に主演作品『残穢-住んではいけない部屋-』が、第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品される。

2018年にHuluとHBOアジアの初の国際共同製作ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』で女性版シャーロック・ホームズを演じ、Huluにて配信されHBOでも世界19か国で放送された。

2019年2月27日に所属事務所の後輩の中林大樹と再婚、連名で報告した。

2019年8月28日に第二子を妊娠していることがわかった。翌年1月末に男児を出産。

2020年9月27日に死去。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-12-31 16:31:05

志村けん

2020年12月31日
例年にない悲劇の年…「2020年の訃報」を振り返る

イモトアヤコ

2020年10月15日
イモトアヤコ、親友・竹内結子さんへの思い語る 涙ながらの語りに心配する声も

イモトアヤコ

2020年10月12日
イモト、ブルーインパルス搭乗 親友・竹内結子さん訃報直後に大空へ

ダウンタウン・松本人志

2020年10月4日
松本人志、竹内結子さんの訃報にコメント 「じつは俺も何度かある」

カズレーザー

2020年9月29日
カズレーザー、竹内結子さんめぐる報道内容に苦言 「よく言った!」と反響

板谷由夏


板谷由夏、青空の写真をSNS投稿 石田ゆり子は「生きなくては」と反応

大竹しのぶ

2020年9月28日
大竹しのぶ、竹内結子さんを追悼 三浦春馬さんとの芝居を観劇したことも

高橋真麻


高橋真麻、竹内結子さんの子供たちを思い… 生放送での訴えに称賛

笠井信輔


笠井信輔アナ、相次ぐ著名人の訃報受けブログで持論 内容に「ハッとした」の声

竹内結子


『とくダネ』竹内結子さんの訃報に出演者号泣 「もらい泣きした」の声も

竹内結子


『Mr.サンデー』竹内結子さんの出演作振り返る映像に物議 「悪意ある」

尾木ママ・尾木直樹


尾木ママ、竹内結子さん訃報に悲痛コメント 「社会心理的な連鎖の怖さ」訴え