美川憲一 とは

美川憲一は、歌手、俳優、タレント。1946年5月15日生まれ。長野県出身。血液型はA型。「芸能界のご意見番」としてワイドショーやバラエティ番組にしばしば登場。バラエティ番組でたびたび発する「おだまり」が流行語になった。オフィス・ミカワ所属。

1965年、『だけどだけどだけど』で歌手デビュー。

1966年、『柳ヶ瀬ブルース』が120万枚を売り上げる大ヒットで映画化もされ、初出演作になる。

1968年、『釧路の夜』がヒットし映画化される。『第19回NHK紅白歌合戦』に初出場。

1970年、『柳ヶ瀬ブルース』で「第3回日本有線放送大賞」特別賞を受賞。

1971年、「おんなの朝」で「第4回日本有線放送大賞」スター賞、「第4回日本作詩大賞」大賞を受賞。

1972年、『さそり座の女』を発売。

1991年、『第42回NHK紅白歌合戦』でものまねタレントのコロッケと『さそり座の女』をデュエットで披露。「第28回ゴールデン・アロー賞」で特別賞を受賞。

2006年、長崎市の観光名誉大使に選出される。

2015年、「第57回日本レコード大賞」功労賞を受賞。

2017年、自身初のロサンゼルスでのコンサートを開催。

2018年、ブラジルサンパウロの文協大講堂でWILL株式会社が主催する「第2回チャリティーコンサート」にメインゲストとして出演。

2019年、『だけどだけどだけど』で歌手生活55周年を迎えた。男装女子ユニット「Vipera」と新ユニット「美川憲一とザ・ヴァイパー」を結成し、作詞も担当して『いいじゃない〜自由通り』をリリース。

現在もコロッケとのジョイントコンサートや、新曲のキャンペーンライブなどを展開中。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2020-07-06 19:41:04

美川憲一

2020年7月6日
美川憲一、20代前半の自前衣装がオシャレすぎる 「若くてめっちゃ男前」

美川憲一

2020年6月30日
美川憲一、完全防備の変装が「逆にバレる」と爆笑 隠しきれないオーラがスゴい

山内健司

2020年6月6日
かまいたち山内、千鳥ノブからのSNSリレー無視したワケ 謝罪の弁も述べる

美川憲一

2020年5月5日
美川憲一、20代後半の美しすぎる写真を公開 「ただただびっくり」

美川憲一

2020年4月21日
美川憲一、ガチのすっぴん写真に驚きの声 「スゴい」「びっくりしました」

千鳥・ノブ

2020年3月7日
千鳥ノブ・美川・氷川… 藤あや子が「ツッコミどころしかない4shot」公開

ビッグマミィ美奈子

2019年12月21日
美川憲一、ビッグマミィ・美奈子に激怒 「子供で金儲けしている」

美川憲一

2019年9月27日
GENKING、多忙な時に思い出す美川憲一の言葉 「どんな時も…」

美川憲一、坂口杏里

2019年3月23日
坂口杏里、美川憲一の「芸能界辞めたほうがいい」説教に涙 元カレ小峠についても暴露

2019年1月26日
神田うのも失神するレベル!? 石川県の寿司店で食べられる『美川県一丼』が激ウマ

木下優樹菜

2018年12月13日
木下優樹菜が遭遇した超大物歌手に衝撃 「オーラすごい」「普段からバッチリ」

美川憲一

2018年3月26日
美川憲一の年齢サバ読み報道に「今年イチどうでもいい」「日本は平和」の声