萩本欽一 とは

萩本欽一は、コメディアン、タレント、司会者、ラジオパーソナリティー、演出家。1941年5月7日生まれ。東京都出身。血液型はA型。愛称は「欽ちゃん」。

決めゼリフ「なんでそーなるの!」や「欽ちゃん走り」などのギャグが特徴。芸能界の人脈が豊富で「欽ちゃんファミリー」と呼ばれる層が存在する。浅井企画所属。

高校卒業後に東洋劇場に入団し、コメディアンの研究生となる。同系列の浅草フランス座へ出向し、ストリップの幕間コントを担当。

いくつかのコントグループを経て、浅草松竹演芸場で劇団浅草新喜劇を旗揚げして座長公演を行う。放送作家のはかま満緒に師事し、お笑い作りに本格的に取り組む。TBSのプロデューサー・向井爽也や芸能マネージャー・浅井良二(浅井企画代表)と知り合い、本格的にタレント活動を開始。

浅草新喜劇を解散し、熱海つるやホテルの営業を行う中で考案した一人コント「机」が、後に「コント55号」の人気きっかけとなる。

1966年、坂上二郎と「コント55号」を結成。

1968年〜1971年、前田武彦と組んだフジテレビの公開生放送『お昼のゴールデンショー』で人気に。

『コント55号の世界は笑う』『コント55号の裏番組をぶっとばせ!』『コント55号のなんでそうなるの?』『チータ55号』『みんなで出よう55号決定版!→55号決定版!』『ウォー!コント55号!!』『コント55号!!笑ってたまるか!?』など数多くのレギュラー番組を抱える。

1971年、『スター誕生!』の初代司会者としてソロ活動を開始。

1972年、ラジオ『欽ちゃんのドンといってみよう!!』が開始、1975年には『欽ちゃんのドンとやってみよう!』として公開テレビ番組になる。

1981年、『欽ドン!良い子悪い子普通の子』シリーズが開始。

1982年、『欽ちゃんの週刊欽曜日』『ぴったし カン・カン』『オールスター家族対抗歌合戦』で高視聴率を叩き出す。

1985年、「充電」のためレギュラー番組を全降板し、半年間程休養。

1990年代以降、前川清や自らが主催する「欽ちゃん劇団」の舞台などで演出家としても活動。

1998年、長野オリンピック閉会式の司会に起用。

2005年、社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」(愛称:欽ちゃん球団)を結成し、2010年に監督を勇退。

2007年、『24時間テレビ30「愛は地球を救う」』のチャリティーマラソンランナーを担当。

2008年、「ちょんまげワールド伊勢」の名誉村長に就任。

2011年、横浜球団と共同で「欽ちゃん!!横浜ベイスターズ応援プロジェクト」を立ち上げる。

2014年、大劇場での公演から引退するを表明。

2015年、駒澤大学仏教学部に入学し、2019年に自主退学。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2022-03-31 08:21:04


"萩本欽一"の最新情報・ニュース (9件)

オードリー・春日俊彰・勝俣州和

春日俊彰、92年からファンがいない勝俣州和を称賛 「ゼロ歴長いですね」

広瀬アリス

広瀬アリス、思わぬ聞き間違いに「失礼しました」 ファンは爆笑

イジリー岡田、『ギルガメ』で定着したエロキャラに苦悩 「高速ベロ封印で8年仕事なし」

萩本欽一

昭和の「視聴率100パーセント男」萩本欽一 現在の好感度を聞くと…

香取慎吾・萩本欽一

萩本欽一(77)、近影に心配の声 「顔色悪くない?」「随分と…」

「お笑い界の重鎮」で最も引退したほうがいい芸人は? 1位はやっぱり…

海老蔵ブログで思い出す?末期がんを克服した芸能人エピソード

萩本欽一がTVに取り入れた「発明」5選 実はみんな欽ちゃんの影響を受けている…



人気記事ランキング