藤原竜也 とは

藤原竜也は埼玉県出身の俳優。1982年5月15日生まれ。血液型はA型。身長178cm。B82cm、W75cm、H86cm。足のサイズ27cm。ホリプロ所属。

1997年、蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」主役オーディションでグランプリを獲得。俳優デビューを果たす。2000年、映画「バトル・ロワイアル」の主演に抜擢される。

2001年、「新・星の金貨」(日本テレビ系)で連続ドラマで初主演を務める。2003年、舞台「ハムレット」で日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じ、主な演劇賞を総嘗めにした。

2004年、大河ドラマ「新選組!」(NHK)に沖田総司役出演。

2007年、2月から6月まで仕事を一時休業し、ロンドンに留学。帰国後、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのグレゴリー・ドーラン演出の舞台「ヴェニスの商人」に出演。

2008年、ジョン・F・ケネディ・センターに於ける『身毒丸』ワシントンD.C.公演にて、2002年のファイナル公演以来6年ぶりに身毒丸役を演じ、「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けた[4]。

2009年、井上ひさし作、蜷川幸雄演出による舞台「ムサシ」で宮本武蔵役を演じる。

2010年、舞台「ANJIN イングリッシュ・サムライ」で台詞の7割が英語の宣教師役を演じる。ドラマ「おじいちゃんは25歳」(TBS系)の主演を務める。

2011年、ドラマ「遺恨あり明治十三年最後の仇討」(テレビ朝日)で臼井六郎を演じ「第37回放送文化基金賞」演技賞を受賞。2013年、一般女性との結婚を発表。

2014年、ドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」(日本テレビ系)で連続ドラマ主演を務める。

2016年、第1子の誕生を報告。2019年、映画「Dinerダイナー」にて主演を務める。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2018-02-12 16:00:18


"藤原竜也"の最新情報・ニュース (32件)

阪本一樹

ジュノンボーイから映画初主演 新人俳優・阪本一樹が須賀健太から学んだこととは

勝地涼は変わり者で面倒? 『ダウンタウンなう』で「先輩に噛み付いた秘話」告白

リバース

ドラマ『リバース』第三話「告発文の送り主」は誰? ネットでは予想合戦も

ドラマ『リバース』とランチパックのコラボ商品に驚きの声殺到 「食品なのに…」

芸能人に「ガチ恋」している人のドン引きエピソードとは…

そして誰もいなくなった

藤原竜也主演の『そし誰』観るなら必読!アガサ・クリスティの一冊

そして、誰もいなくなった

藤原竜也ドラマでも話題!「明日は我が身」の個人情報流出が怖すぎる



人気記事ランキング