藤木直人 とは

藤木直人は、俳優、歌手。1972年7月19日生まれ。千葉県出身。血液型はA型。キューブ所属。レーベルはポニーキャニオン所属。

1993年、大学2年時にファッション雑誌『メンズノンノ』のモデルに自薦応募。最終審査で落選したが芸能事務所の目に留まる。

1995年、映画 『花より男子』の花沢類役で俳優デビュー。

1999年、シングル『世界の果て〜the end of the world〜』でCDデビューした。

1998年、NHK大河ドラマ『徳川慶喜』で村田新三郎役に抜擢。『GTO』の警官役で連続ドラマに初レギュラー出演。

2000年、NHKドラマDモード『喪服のランデヴー』で連続ドラマ初主演。NHK連続テレビ小説『あすか』、ドラマ『ナースのお仕事3』で注目される。

2001年、月9ドラマ『ラブ・レボリューション』でブレイク。

2002年、第26回エランドール賞新人賞を受賞。

2003年、『高校教師』で民放連続ドラマ初主演。初主演映画『g@me.』で第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2004年、『愛し君へ』で月9ドラマに初主演(W主演)。

2005年、トーク番組『おしゃれイズム』のパーソナリティを務め、番組テーマ曲の作曲も担当。一般女性と結婚。

2006年、土9ドラマ『ギャルサー』で主演を務め、主題歌も担当。

2007年、『ホタルノヒカリ』シリーズ(2010年に第二弾)に出演。

2008年、『Around40〜注文の多いオンナたち〜』に出演。時代劇『冬の絵空』で初舞台に出演。

2009年、ドラマ『夜光の階段』と『イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』で主演を務め、主題歌も担当。

2013年、『ラスト♡シンデレラ』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第2シリーズ)に出演。

2017年、『嘘の戦争』などのドラマに出演した。

2014年、蜷川幸雄演出の舞台『海辺のカフカ』に出演し、2015年に蜷川幸雄生誕80周年を記念して行われたロンドン、ニューヨークなどを巡る海外公演にも参加。TOKYO FMのスポーツドキュメント番組『TOYOTA Athlete Beat』でラジオパーソナリティを務める。

2016年、蜷川幸雄の遺作となった彩の国シェイクスピア・シリーズ第32弾『尺には尺を』で主演。

2018年、ディズニー・ピクサーのアニメ映画『リメンバー・ミー』の日本語吹き替え版で主人公の相棒・ヘクター役を担当。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2017-04-27 16:30:18

母になる

2017年4月27日
『母になる』息子コウはやっぱり棒演技?「他が上手すぎ」と擁護も

加藤諒


『母になる』に加藤諒が登場 沢尻エリカの「ディスり」も話題に

藤木直人

2017年4月19日
『母になる』藤木直人の役名「陽一」 『嘘の戦争』思い出す?

母になる

2017年4月12日
沢尻エリカ主演『母になる』が今夜初回 意外に身近な「誘拐」

草彅剛

2017年3月15日
『嘘の戦争』 美しすぎる「水落ちエンド」に視聴者感動

大杉漣

2017年3月1日
『嘘の戦争』 次のターゲットは守さん 鬱展開に視聴者戦慄