蛭子能収 とは

蛭子能収は、漫画家、タレント、エッセイスト。1947年10月21日生まれ。ファザーズコーポレーション所属。

高校時代に美術クラブに所属してグラフィックデザインに出会い、横尾忠則、宇野亜喜良、粟津潔、亀倉雄策、佐伯俊男に影響を受ける。

1965年、地元の看板店に就職して同僚が主宰する漫画サークルに参加。

1968年、漫画雑誌『ガロ』の増刊号「つげ義春特集」を読み『ねじ式』に感銘を受け、1970年に無断で上京。

1972年、第1子の誕生と結婚。

1973年、『ガロ』の発行元・青林堂に漫画を持ち込み、2作目で編集長の長井勝一に才能を見出され、『月刊漫画ガロ』入選作の『パチンコ』でプロの漫画家としてデビュー。

1974年、第2子が誕生を機に、有限会社ダスキン練馬のセールスマンになり、1976年に『ガロ』へ『愛の嵐』を掲載以降は執筆を休業。

1979年、伝説的自販機本『Jam』掲載の『不確実性の家族』で再デビュー。

1980年、『Jam』終刊号に代表作となる『地獄に堕ちた教師ども』を発表し、1981年には初単行本化されたのを機にダスキンを退社して、漫画家として独立。アンダーグラウンドなカルト系自販機雑誌で数多くの連載を持つ。

1982年、スーパー変態マガジン『Billy』のインタビューに顔出しで登場。ニューウェーブ系漫画家の一人として『宝島』『平凡パンチ』などへも進出し、「ヘタウマ」の作風で注目される。

1983年、日本を代表するハードコアパンクバンドやノイズミュージシャンのジャケットを手掛けるようになり、1985年には田口トモロヲのロックバンド「ばちかぶり」のインディーズ1stアルバムのジャケット画を担当。

1987年、柄本明の依頼で劇団東京乾電池の公演『台所の灯』に出演し、フジテレビプロデューサー・横澤彪の目に留まり、『笑っていいとも!』に文化人枠でレギュラー出演。ドラマ『教師びんびん物語II』への出演を機に、バラエティ番組出演などタレント活動を本格的に開始。

1997年、『ガロ』が休刊し、新たに創刊された漫画雑誌『アックス』で特殊漫画家・根本敬や青林工藝舎の高市真紀らと共作活動。

2003年、短編映画『諫山節考』で映画監督デビュー。

2008年、根本敬からの依頼で漫画共作ユニット「蛭子劇画プロダクション」、2010年には国際特殊機関「ハッテンバプロダクション」を結成。

2011年、長崎歴史文化博物館で初の個展『えびすリアリズム -蛭子さんの展覧会-』を開催。

2014年、エッセイ『ひとりぼっちを笑うな』を上梓。

2016年、長編映画初主演となる任侠映画『任侠野郎』に出演。

2019年、府中市美術館で開催された「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」で、現代のヘタウマ漫画家の代表として作品が展示される。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-11-22 08:16:05


"蛭子能収"の最新情報・ニュース (35件)

有吉弘行

有吉弘行、『有吉クイズ』ギャラクシー賞も「評判よくない」と思っていた理由

有吉弘行

蛭子能収、有吉弘行に感謝のメッセージ投稿 「呼んでくれてありがとう」

有吉弘行

有吉弘行、蛭子能収との久々の対面に感激 「スゴい嬉しいです」

撮影の、一切ないドラマ〜蛭子さん殺人事件〜

蛭子能収はなぜ殺されたのか ドラマ『蛭子さん殺人事件』が明日放送

東野幸治

東野幸治、認知症の蛭子能収にエール ロケで「東お」と間違えられショックも

嵐・二宮和也

嵐・二宮和也、方言使う役で苦労した過去を告白 「芸能界で長崎弁しゃべってるのは…」

東野幸治

東野幸治、自身MC番組で認知症発覚した蛭子能収にショック 「他人事じゃない」

有吉弘行

有吉弘行、アルツハイマー発覚の蛭子能収に「復帰して頑張ってほしい」

宮下草薙

宮下草薙が現在のリアルな悩み明かす 「キャラを押しつけられて…」

鈴木奈々

鈴木奈々、巨乳強調して描いてもらった似顔絵に大興奮 「評価が難しい」

太川陽介、『バス旅』最終回で蛭子能収に恨み節 「辞めたいって言うから」

バス停

元祖『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の蛭子能収と太川陽介 2人はやっぱり名コンビ?



人気記事ランキング