"辻発彦" とは

辻発彦(つじ はつひこ)は佐賀県出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズの監督。1958年10月24日生まれ。身長182cm、血液型A型。

佐賀東高等学校から日本通運を経て、1984年にドラフト2位で西武ライオンズへ入団。球界を代表する二塁手として黄金時代の西武で活躍。

1996年にヤクルトへ移籍。

1999年に現役を引退。

2000年から2年間ヤクルトで二軍守備・走塁コーチを担当した。

2002年からは横浜ベイスターズの一軍守備・走塁コーチを2年間務め、二塁手の種田仁や遊撃手の石井琢朗の控えだった内川聖一の守備などを鍛えた。

2005年からはテレビ埼玉・NHK・BSの野球解説者および日刊スポーツ野球評論家を務めた。

2006年には、2006ワールド・ベースボール・クラシック日本代表内野守備・走塁コーチ(三塁ベースコーチ)を務めた。大会期間中はノックだけでなく打撃投手なども行っていた。同年11月1日に中日ドラゴンズの二軍監督に就任。

2010年は一軍総合コーチに異動し、森繁和ヘッドコーチとともに、野手部門のヘッドコーチ格として落合博満監督を支えた。

2011年シーズン途中からは笘篠誠治一軍外野守備走塁コーチに代わって三塁ベースコーチも担当した。2011年シーズン終了をもって契約満了により退団。

2012年から再びテレビ埼玉およびNHK・BSの解説を担当、2013年からはビーエスFOX(FOX SPORTS ジャパン)の解説者としても出演。

2013年10月22日に2014年シーズンより一軍内野守備・走塁コーチとして中日ドラゴンズに復帰することが発表された。

2017年に埼玉西武ライオンズの一軍監督に就任。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-09-06 17:26:04