遠藤憲一 とは

遠藤憲一は東京都出身の俳優。1961年6月28日生まれ。身長182cm、体重65kg。エンズタワーに所属。1983年、ドラマ「壬生の恋歌」(NHK)でデビュー。極道物の悪役を演じ、下積み時代を過ごす。

2009年、ドラマ「湯けむりスナイパー」(テレビ東京系)で連ドラ初主演を果たす。ドラマ「白い春」(フジテレビ系)に出演し、父親役の演技が高い評価を得る。

2015年には、「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)、「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」(TBS系)、「不便な便利屋」(テレビ東京系)の3作のドラマにレギュラー出演している。

2016年、大河ドラマ「真田丸」(NHK)にレギュラー出演。2017年、「タレントCM起用社数ランキング」で男性部門の1位になる。

近年では「強面の割に小心」というギャップを表に出したコミカルで人間味溢れる役柄を演じる機会も増え、映画ドラマにとどまらず、バラエティ番組にも出演し好感度の高い俳優として人気がある。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2016-02-12 12:12:44