阿川佐和子 とは

阿川佐和子は東京都出身のエッセイスト、小説家、タレント。1953年11月1日生まれ。身長150cm、血液型O型。父は作家の故・阿川弘之。

慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業後、1981年に『朝のホットライン』でリポーターデビュー。

1989年から『筑紫哲也 NEWS23』でキャスターを務める。

1992年に報道番組のキャスターを務めた後に米国ワシントンへ渡米。

1998年から『ビートたけしのTVタックル』の進行役を務める。

1999年に『ウメ子』で坪田譲治文学賞を受賞。

2008年に小説『婚約のあとで』で、『島清恋愛文学賞』を受賞。インタビュアーとしても定評があり、雑誌『週刊文春』の対談『阿川佐和子のこの人に会いたい』は連載20年を超える。

2011年より冠番組TBS『サワコの朝』が放送開始。

2012年1月に人の話を聞くコツ、引き出すコツをまとめた『聞く力 心をひらく35のヒント』、2014年に『叱られる力 聞く力 2』を発売し、ミリオンヒットを記録し、ともにベストセラーとなる。

父で作家の阿川弘之氏との思い出を綴った『強父論』や、医師・大塚宣夫氏との対談集『看る力 アガワ流介護入門』も話題。

2014年に『菊池寛賞』を受賞。

2015年3月15日に博物館明治村の4代目村長に就任し、初の女性村長となる。

2017年5月に一般男性と結婚。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2022-01-16 15:26:05


"阿川佐和子"の最新情報・ニュース (44件)

ビートたけし・北野武

ビートたけし、銚子電鉄のアイデア商品を称賛 役所には注文も

東国原英夫

東国原英夫、地方議会のドンは「全国にいる」と断言 出演者からツッコミも

ビートたけし・北野武

ビートたけし、東京五輪は「何の記憶も残ってない」 将来の増税も憂慮

東国原英夫・そのまんま東

東国原英夫、中国は「情報が正確なら安全」と持論 観光客受け入れにも言及

ビートたけし・北野武

ビートたけし、意外な免許保有を告白 東国原英夫も「マジですか?」と驚愕

長嶋一茂・大谷翔平

長嶋一茂、大谷翔平のHR数減少要因を独自分析 「簡単に打てるのに…」

ビートたけし・北野武

ビートたけし、『TVタックル』で異常気象に嘆き 「人類滅亡の兆候が…」

ビートたけし・北野武

ビートたけし、自動運転車の実用化案を予測 「商業用に使ったら…」

オリンピック・東京五輪

大竹まこと、緊急事態宣言下の東京五輪開催に異議 内容が賛否両論に

ビートたけし・北野武

ビートたけし、元アイドルのデート商法を告白 「結構怪しいことしてる」

大谷翔平・ビートたけし

『TVタックル』1時間大谷翔平SPに評価の声続々 ビートたけしも「凄い」

ビートたけし・北野武

ビートたけし、花火の最新技術を説明 博学ぶりに「火薬田ドンみたい」と称賛



人気記事ランキング