麻生周一 とは

麻生周一は埼玉県出身の漫画家。1985年12月26日生まれ。妻はでんぱ組.incの古川未鈴。

2006年に『勇者パーティー現る』で第64回赤塚賞準入選を果たし、同時にストーリー漫画家からギャグ漫画家へ転身する。同作品で『週刊少年ジャンプ』(集英社)2006年34号に掲載され、漫画家デビューを果たす。

その後、複数の読切掲載を経て、『ぼくのわたしの勇者学』を『週刊少年ジャンプ』2007年24号から2008年35号にかけて発表し初連載を果たす。

2010年には再び『週刊少年ジャンプ』で『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』を連載。また『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2010 SUMMERでツッコミ役を主人公にした読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難』を掲載する。

2011年に『週刊少年ジャンプ』で、7回不定期掲載し、タイトルを『斉木楠雄のΨ難』に改め2012年24号から2018年13号まで連載され、テレビアニメ化や実写映画化などが行われるヒット作となった。

2019年9月にでんぱ組.incの古川未鈴と結婚を発表。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-01-05 20:16:08