"A.B.C-Z" とは

A.B.C-Zは、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ。メンバーは赤色担当の橋本良亮、ピンク担当の戸塚祥太、紫色担当の河合郁人、青色担当の五関晃一、黄色担当の塚田僚一。グループ名は「Acrobat Boys Club」の略に「Z」を加え、アルファベットの始まりと最後や「ゼロ」の意味があることから、「5人でゼロからスタートを切る」「ゼロにもなるから、常に再出発、リ・スタートが切れる」を表している。愛称は「えび」。

2008年、『SUMMARY2008』で「A.B.C.」のメンバーだった五関晃一、戸塚祥太、塚田僚一、河合郁人に橋本良亮が加入し、「A.B.C-Z」結成を発表。

2010年、A.B.C-Zの初プロデュース公演『みんなクリエに来てクリエ!』を開催。舞台『少年たち 格子無き牢獄』でKis-My-Ft2と主演を務める。

2011年、オリジナル曲『A.B.C-Z』がミュージカル『PLAYZONE』のサウンドトラック『PLAYZONE’11 SONG & DANC’N.』に収録され、初のCD化。初の単独コンサートを開催。

2012年、メジャーデビュー記念イベントを開催。DVD『Za ABC〜5stars〜』をメンバーが手渡しで販売し、オリコンの週間DVDランキングでデビュー作としては史上初の総合1位を獲得。

2014年、グループ初の主演ドラマ『魔法★男子チェリーズ』が放送。

2018年、東京ジョイポリスとのコラボレーションイベント「A.B.C-Z 5stars CIRCUS in JOYPOLIS」が開催され、初の広告出演。

2020年、初主演映画『オレたち応援屋!!』が公開予定。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2019-12-20 15:40:32