ONE OK ROCK とは

ONE OK ROCKは、ロックバンド。メンバーはボーカルのTaka、ギターのToru、ベースのRyota、ドラムスのTomoya。バンド名の由来は、結成当時の練習スタジオに毎週末の午前1時(one o’clock)に入っていたことからで、「o’clock」を「OK ROCK」に置き換えて「ひとつの良いロック」にかけている。略称は「ワンオク」「OOR」。所属事務所はアミューズ、所属レーベルは日本国内ではA-Sketch、国外ではフュエルド・バイ・ラーメン。

2005年、バンドを結成。初ライブ前日のリハーサルでバンド名を「ONE OK ROCK」に決定。自主制作盤デモCD『Do you know a Christmas?』を発売。

2006年、1stミニアルバム『ONE OK ROCK』を発売してインディーズデビュー。関東近郊ツアーを開催。初のフェス参加となる「浜名湖 THE 夢人島 Fes.2006」に出演。初のワンマンライブを開催。

2007年、1stシングル『内秘心書』を発売してメジャーデビュー。初の東名阪イベントツアー、初の地方ライブツアーを開催。

2008年、1stDVD『世の中シュレッダー』を発売。

2009年、バンド活動を一時停止、全国ツアーも中断。5ヶ月間の活動休止後、ツアー再開してバンド活動を再始動。

2010年、復帰作の4thシングル『完全感覚Dreamerを発売し、オリコン週間チャートトップ10入りを果たす。「ROCK IN JAPAN」など多数の夏フェスに参加。初めて日本武道館でのワンマンライブを開催。

2013年、6thアルバム『人生×僕=』を発売し、過去最大規模のアリーナツアーを開催。ヨーロッパ・アジアでの単独公演『”Who are you??Who are we??” TOUR』を開催。

2014年、ロサンゼルス・ニューヨーク公演を開催。ドキュメンタリー映画『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM』が公開。アメリカ最大級のサーキットフェス「Warped Tour」に参加。南米・ヨーロッパで『ONE OK ROCK 2014 South America & Europe Tour』を開催。

2015年、7thアルバム『35xxxv』を発売し、オリコン週間チャートでCDとして初の1位、World Music Awardsで初登場4位を記録。アメリカのワーナー・ブラザース・レコードと契約。北米で『35xxxv Deluxe Editionを発売。

2016年、アルバム『Nicheシンドロームの収録曲『Wherever You AreがNTTドコモ iPhone6sのCMソングに起用され、発売後5年半目でiTunesトップソングランキングの1位を記録。TakaがAimerのシングル『insane dream』で楽曲提供の他、初の外部プロデュース。ワーナー・ブラザース・レコードからフュエルド・バイ・ラーメンに移籍。

2018年、Spotify 2017年間ランキングで日本国内で最も再生されたアーティスト1位、海外で最も再生された国内アーティスト1位を獲得。AWAで2018年今年最も聴かれたアーティスト1位、最も再生された楽曲の 3位に『Wherever you are』が選ばれる。

続きを読む 閉じる

最終更新日:2021-05-30 09:46:04


"ONE OK ROCK"の最新情報・ニュース (20件)

佐藤健

佐藤健、結婚に困惑? 「最近は占い師の言われたとおりにしようかなと」

サクサク食感クルーラー

セブンで発売されている「サクサク食感クルーラー」 あの名曲が連想されると話題に

新型コロナウイルス・COVID-19

ワンオクToru、新型コロナ感染発覚 ネットでは弘中綾香アナ心配する声も

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK 、ステイホームの呼びかけ方が最高 「まさかの公式…」

ローラ

ローラがYouTubeを開始 ワンオクTakaのコメントに「タカもはじめて」

Taka

ワンオクTaka、ライブ中止を謝罪 「気にしないで」「身体を休めて」

ONE OK ROCK・Taka

ワンオクTaka、“真っ白な投稿”に込められた意味 「泣ける」「グッときた…」

鈴木紗理奈

鈴木紗理奈が男性化して昭和のイケメンに 色気あふれる眼差しにファンが「抱いて」

Taka Hyde

ワンオクTakaがHydeに食べられる… 二人の関係に「マジ?」と衝撃

森昌子(ま~ちゃん)

森昌子、年内引退報道にネット騒然 「あの姪っ子はどうなるの…」

城田優

城田優、誕生日会のメンバーが豪華すぎ 「顔を隠された人物」に注目集まる

tomoya

ワンオクTomoya、淫行騒動を謝罪 なぜか「いとうあさこ」の声が相次ぐワケ



人気記事ランキング




生きてない