どぶろっく

2020/05/12 23:26

どぶろっくは、お笑いコンビ。ツッコミ担当の森慎太郎と、ボケ・ネタ作り担当の江口直人。保育園から大学までの同級生コンビ。浅井企画所属。

2004年、コンビ結成。

2006年、一度は解散するも2007年に再結成。以降は『お笑いネオネオダイナマイトショー』『たけのこライブ』『55☆NEXT!!』など多くのお笑いライブに出演。

2008年、『あらびき団』に出演し、身近な女性をテーマにした歌を披露し話題になる。『M-1グランプリ2008』で2回戦進出。

2009年、『エンタの神様』で主にトリを務める。『キングオブコント2009』で3回戦進出。アルバム『どぶロケンロール』でCDデビューする。

2012年、「ごきげんブラザーズ」名義で『ライオンのごきげんよう』に出演。森が座長となり『劇団森』を結成して旗揚げ公演『マカロニ』を上演。

2013年、『歌ネタ王決定戦2013』で決勝進出し第4位となる。レーベル移籍第1弾シングル『もしかしてだけど』をリリース。NTT西日本のCMへの出演がきっかけで西日本エリアの営業の仕事が急増し、「営業No.1芸人」となる。『ニコラ』1月号で中学生の好きな芸人部門1位を獲得。森が一般女性と結婚。

2014年、同事務所のコンビ・流れ星の単独ライブDVD『ベストネタライブ「回帰」』のエンディング・テーマとして『おんなじ拳』を楽曲提供。音楽クリエイター集団『オフィス樋口』とロックバンド『どぶろっかーず』を結成し、ライブデビュー。森が『文化人・芸能人の多才な美術展2014』自画像を出展。『水曜日のダウンタウン』の『替え歌最強トーナメント』で優勝。ORICON STYLEの『2014年上半期”最もブレイクした”と思うお笑い芸人』アンケートで第1位、『2014年ブレイク芸人ランキング』で第2位を獲得。

2015年、『東京スポーツ 第15回ビートたけしのエンターテインメント賞 日本芸能賞』に選出。TIMERSの『子育てパパ・ママが選ぶ好きな歌ネタ芸人』で第1位を獲得。シングル『新・○○な女』と書籍『○○な女』を同時発売。関根勤初監督作品『騒音』に『テカる星屑達』を書き下ろし、初の映画主題歌を担当するとともに出演も果たす。大河ドラマ『花燃ゆ』に森は一橋慶喜役、江口は島津久光役で出演。『どぶろっかーず』としてCDデビューし、シングル『女のかわいさはんぱない!』とアルバム『もしかしてだけど、バンドアルバム』を同時発売。

2016年、江口が一般女性と結婚。

2018年、出身地の基山町をアピールする曲『佐賀の先っぽ基山』を発表し、ふるさと大使に任命。

2019年、10年ぶりにエントリーした「キングオブコント 2019」で決勝進出し優勝。

・合わせて読みたい→ハナコ・岡部、涙ながらにメンバーへの唯一の不満漏らす 「一緒にお風呂に…」