「大人は少年マンガを読むべきではない」と思う大人の割合は16.1%!大きな世代差も

ライフ

2014/09/30 12:00

manga

「少年マンガ」とネットで検索すると、「日本における少年(小学校高学年から高校生まで)を対象読者と想定した漫画(出典:Wikipedia)」と出てきます。しかし実際、街中や電車にいると、明らかに少年ではない人が読んでいるのを見かけることもありますよね。

少年マンガのなかには、大人も魅了するような作品が多く存在し、普段はクールな顔でスーツを着こなすビジネスマンも、読んでいるときは少年のようにはしゃいでしまうこともあるかもしれません。しかし、少年というネーミングが付いていることから「いい大人なのに、少年マンガって…」と思うような人もいるのではないでしょうか?

そこで今回、「大人は少年マンガを読むべきではないと思いますか?」というアンケート調査を、20代から60代の男女1500人を対象に実施しました。その結果がこちらです。

「大人は少年マンガを読むべきではないと思いますか?」

sirabee09301200graph-1

・はい:16.1%
・いいえ:83.9%

このように16.1%の人が読むべきではないと回答しました。公共の場所でも少年マンガを読むことがある人は、10人中1~2人からちょっと冷たい目で見られていたのかと思うと、ドキッとしてしまうような結果かもしれませんね。

次に、男女別で少年マンガを読むべきではないと回答した割合を見てみると、

sirabee09301200graph-2

男性:15.3%
女性:16.8%

という結果になりました。「少年」という言葉からは男の子を連想することが多いため、なんとなく男女差が出るのではと予想しましたが、ほとんど差は見られませんでした。好きなタイプは「少年のような心を持った人」という女性もいるように、少年というイメージに対して、女性は特に悪い印象を持っていなさそうです。

次に、年代別で少年マンガを読むべきではないと回答した割合を見てみると、

sirabee09301200graph-3

20代:9.3%
30代:13.3%
40代:15.0%
50代:17.3%
60代:25.3%

というように、少年マンガを読むべきではないと思っている人の割合は年齢を重ねるにつれて徐々に増えていくということが判明しました。「少年マンガ」はもちろん、少年だけのものではありませんが、年齢的に少年から離れていけばいくほど、読むべきではないと思う人も多くなるようです。

近頃は少年漫画誌の「週刊少年ジャンプ」が、電車の中でも読みやすいようにと電子化されたことが話題となりました。これを使えば、大人でも人目を気にせずにいつでも少年マンガを楽しむことができそうですね。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年9月19日(金)~9月22日(月)
対象:全国20代~60代 男女計1500名

(文/しらべぇ編集部・八木彩香