しらべぇ

【川奈まり子の実話系怪談コラム】瓶詰めの胎児【第十六夜】

コラム

第十六夜用

ここに、未解決の死体遺棄事件のデータがある。

2005年2月18日午後5時50分頃。東京都港区六本木6丁目の六本木×××のゴミ箱で、奇妙なものが発見された。それは透明な液体で満たされたガラス瓶で、一見、ホルマリン漬けのマウスか何かのように見えたが、そうではなかった。

瓶の中に封印されていたもの。

それは、人間の胎児だったのだ。

 

そこは、ショッピングモール、レストラン街、映画館、美術館などを擁する娯楽エリアと、企業のオフィスが軒を連ねるビジネス・エリア、それから居住区とシティホテルから成る建造物群の一角だった。

この建造物群は、×××ヒルズの名で全国的に知られている。

完成した当初から数年の間は、ここで働き、住まうことは、時代の最先端に在って、富みと名声を得た者のステイタス・シンボルでもあった。

リーマンショックのあった2008年頃までは、彼ら高額所得者は「ヒルズ族」と呼ばれて世間から大いにもてはやされていたものだ。その年、この貴富の塔にまで不況の大波が打ち寄せた。以降、そのイメージはじわじわと下降して庶民に接近してきた感があり、ヒルズ族もいまや死語だ。

しかし、2005年にその事件が起きたときは、彼らはまだその栄華の絶頂にいて、件の怪しいガラス瓶は、そのうちの特に高名な一人に宛てて送られたものだと言われている。

その根拠としてまず挙げられるのは、同じ時期に×××ヒルズのテナントに届いた怪文書である。

『アッパーロビー利用者の7名のケイエイシャの方々。アンタラのヒトリに心当たり。愛しいプレゼントへのカンシャを込めなさい。女神は全部オミトオシ。瓶詰め息子のオカアチャンハダレカイナ。来月また届けます』

こんな文面に添えて、7つのメールアドレスが記されており、そのどれもがいわゆるヒルズ族のものだったという。

しかし、これでは7人のうちの誰がターゲットかわからない。

そこから1人を特定するには、この怪文書の予告通りに第2の事件が起きるまで待たねばならなかった。

 

――と、ここまで十10年以上前の怪事件の概要と解説を綴ってきたが、私は、件のヒルズ族氏について云々したいわけではない。

私が関心を抱いているのは、そしてこのたび調べたのは、その胎児入りの瓶についてのみなのだ。

 

なぜならば、それと同じものが、私の知人に送りつけられたので。

 

私は、そのことを知ってから、瓶詰め胎児について様々な方向から調べてみたのだ。

「調べてみようか」と私は言い、「そうして」と知人が言った。

だから暇を見つけてはあれこれと資料を集めて読み込み、そしてわかったのだが――胎児を詰めた瓶は、中国から東南アジアにまたがる、この日本を含めたアジアの広い地域に古くから伝わる呪物だった。

ようするに、先述のヒルズ族氏は、何者かによって呪われようとしていたのだ。そして、その私の知人も然り。

私は、彼にこのことを教えた方がいいだろうか。つまり、「呪われているかもしれないよ」と報告すべきだろうか。

しかし、呪いではなく悪戯かもしれず、また、呪詛であっても全然効かず、何事も起こらないかもしれない。むしろ、この現代に呪詛が存在すると信じるなんて、ひどくナンセンスだという気もする。

また、彼と私は、そう親しいわけでもない。だったら変に騒がない方が、彼の心証を損なう心配がないからいい。

そういう考え方をしたら、卑怯だろうか?

もしもあれが真正の恐ろしい呪物(じゅぶつ)で彼の身に何か起きたら、そのとき私は自分を責めずにいられるだろうか。

しかし何が起きようが私の責任ではないわけだ、と思わなくもないが、そんな自分を卑劣だと感じて厭になる。

でも……と、このように煩悶しつつ、筆を進めることにする。

 

さて、そのヒルズ族氏が瓶詰めの胎児とはっきりと結びつけられることになった第2の事件は、それが遺棄された翌月に起こった。

怪文書の送り主は約束を守るたちだったようだ。

瓶詰め胎児遺棄事件の約1ヶ月後、2005年3月のある日、問題のヒルズ族氏が居る、部外者が足を踏み入れられないエリアのセキュリティ・ゲートに、サラリーマン風のスーツを着用し、身長175センチ前後の男が現れた。

男は服装に似つかわしくないサングラスをかけており、サッカーボールぐらいのサイズのダンボール箱を抱えていた。

その程度では不審と言うほどでもない。が、居合わせた警備員2名は、人を疑うのが職務なわけで、当然そちら注視した。

すると男は、

「×××君に渡して」

と言ってダンボール箱を彼らの目の前に置いた。そして、たちまち遁走してしまったのだった。

――この「×××君」というのが、ひと月前の怪文書の中で名指しされた7人のうちの1人、ヒルズ族氏のことだった。「×××君」は日本全国知らぬ者とてない超有名人なので、警備員たちにも誰のことかすぐわかった。

その人に渡せと言う。が、箱の中身は何なのか。男の逃げ足は早く、聞いて確かめることができなかった。この状況では、警備員たちは、手もとに残されたダンボール箱に注意を戻すほかなかっただろう。

箱の上蓋は閉じられていなかった。

もし、きちんと閉じてあったなら、警備員が中身を見ることはなかったはずだ。警備会社のマニュアルで、そのような際には蓋を開けてはならないと定められていたのだから。

けれども、蓋は開いていた。

男がさっさと逃げ去ってしまったこと以外、おかしな点は無いように見えた。

この箱には、「×××君」に渡しても差し支えのないような物が入っているのかもしれない。常識的に考えれば、そういうことになるはずだった。

だから警備員たちは、上蓋をそっと広げて、箱の中を覗き込んだ。そのときのことを、彼らのうちの1人は、後にこう語っている。

「頭蓋骨は本物だったのかと訊かれましたが、あの一瞬ではわかりません。ただ、かなりリアルな感じです。たぶん子供の頭蓋骨だと思うんですが、白いプラスチックの標本とかじゃなく、薄汚れていて表面がデコボコしていて緑がかったグレーというか、石みたいな色で、とても触りたくないような物でした」

(ミリオン出版『実話ナックルズ』2005年8月号)

そう。ダンボール箱の中には、小さな頭蓋骨が入っていたのだ。

こうして、瓶詰め胎児と箱入り頭蓋骨は「×××君」ことヒルズ族氏という1人の人物に結び付けられることによって、1つの事件として繋がった。

にもかかわらず、麻布警察署が捜査に当たったが、頭蓋骨や胎児の来歴、送り主と運び役をした男の正体、そして彼らとヒルズ族氏との因縁も、何1つ今も解き明かされていないそうだ。

 

頭蓋骨については警備員の証言以外、一切データが明かされていないが、瓶詰め胎児についてはある程度の情報が公開されている。

司法解剖に当たった麻布署によると、胎児は妊娠4カ月の男児で、体重は150グラム、身長は17.5センチ。臍の緒が付いており、保存液に漬けられていたため腐敗していなかった反面、死亡した時期はわからない。

人種は「不明」であると公表されている。

 

■タイで相次いで見つかった胎児の遺体

つまり胎児は日本人ではないかもしれない――その下りを読んだとき、私が咄嗟に思い出したのは、タイで起きた3つの事件だ。

2010年6月、タイのウボン郡で、住民から警察に「無人の廃屋から瓶詰めにされた胎児が多数発見された」という通報があり、捜査の結果、胎児の遺体が詰められた保存液入りのガラス瓶が14本発見された。

その後、この廃屋の持ち主の親戚の女が瓶詰め胎児の〝製造者〟として逮捕、ヤミ中絶医に中絶を希望する女性を斡旋しては堕胎された胎児を安価で買い取り、自ら加工して高値を付け、呪術師や宝くじ愛好者に転売していたことを自供した。

それによると、女は元看護師で、瓶詰め胎児は「金運のお守り」であるとして販売していたという。

胎児の保存状態はどれも良好だった。

この事件は、別件で逮捕され保釈中だった件のヤミ中絶医が逃走してしまった他、それ以外にも複数の人間が関わっていた可能性があるとして、現在もまだ全容が解明しておらず、捜査が続けられている。

そして同じく2010年11月。こんどは寺院で2000体の腐乱した胎児の遺体が発見された。これについては詳細は不明。

さらに、2012年5月にも、首都バンコクで6体の胎児の遺体をトランクに隠し持っていた台湾系英国人の男が逮捕されるという事件があった。

胎児はいずれもミイラ化し、そのうち一部は金箔で覆われていた。

逮捕された英国人はタイ在住の台湾人からこれらを仕入れ、呪術愛好家の通販サイトに出品し、仕入れ値の約6倍の高値で売りに出していたという。また、台湾でこういう加工済みの胎児を売った場合にも大きな富を得られるものと予測を立てていたと供述したということだ。

――タイでは、なぜこのように胎児を使った呪術にまつわる事件が起きるのだろうか?

 

それは、タイでは、「ルークグローブ」と呼ばれる子供などのミイラを用いた「幸運をもたらす」お守り、あるいは「グマーントーン」という金箔を貼った嬰児・胎児の遺体を使った「招財のための」呪物アイテムが、未だに取り引きされているからだ。

「ルークグローブ」は、完全な五体を有する「異常に小さな人間」か「猫」の死産児に薬草を振り掛けるなどして加工してミイラにしたもの。

そして「グマーントーン」は定められた呪文を唱えつつ儀式を行い、儀式の中で妊婦から胎児を取り出して火に焙るなどして乾燥させ、漆で塗り固めて金箔を貼ったもので、中国語圏では「金童子」と呼ばれるそうだ。

つまり、「グマーントーン」は中国語圏にも存在する。この種の呪術が生きているのは、タイだけではないということだ。事実、2012年のバンコクの事件には、台湾と英国も絡んでいた。

そもそも、死んだ嬰児や胎児を使った呪術は大陸が発祥の地だという説がある。

なぜなら、中国三大宗教の1つ、道教に「養小鬼」という胎児の遺体を用いる邪法があることが知られているからだ。

道教は日本には少なくとも4世紀にはもたらされたと言われている。タイにも台湾にも道教の寺院がある。

かつての道教の伝播力と歴史的経緯を鑑みると、「養小鬼」こそが、胎児など子供の亡骸を使った様々な呪術の元になっているような気がするのだが、如何だろうか。

「養小鬼」は、広東、香港、台湾などの富裕層や立身出世を願う野心家の間では、今でも信じられており、インターネットを利用した呪術愛好家の国際的なネットワークも存在し、加工済みの胎児の遺体がネットで取引されているそうだ。

ちなみに、売買の際には、死を連想させる「鬼」の字を避けた「善財童子」「招財童子」という名前で呼ばれることが多いのだとか。

ヒルズ族氏に送られた胎児も外国から密輸されてきたものかもしれない。警察もそうした疑いを抱いたために、わざわざ、胎児の人種は不明であると発表したのではないか。

しかし、あれは確実に外国人の胎児であると決めつけるのは早計にすぎる。

繰り返すが、道教は日本にも流入してきたのだ。ならば、タイでそうであるように、日本風にアレンジされた「養小鬼」のような呪術が存在してもおかしくない。

いや、そういうものは、この国にもたぶん在るのだ。

 

■ネットで話題になった呪いの小箱。その中身は胎児の…

――『コトリバコ』をご存知だろうか。

『コトリバコ』は、最初、体験談としてネットに投稿された。

ある山間の集落に代々伝わる呪いの小箱「コトリバコ」。元はといえば、昔、年貢の取り立てなど権力者による弾圧が厳しかった折に、抵抗の手段として村人が集落の外から持ち込んだ呪術によって作られたものだった。

だが、時が経っても呪力が衰えず、また、呪いを解く方法もわからないので、箱が見つかるたびに神社に集め、神主が保管しつつ時間をかけて清めることで呪いの発動を抑えてきた。

投稿主の友人は神主の息子で、あるとき、ひょんなことからコトリバコの呪いを封印する羽目になり、その場にたまたま投稿主が居合わせた――という話だった。

コトリバコの製法描写が〝擂り潰して糊状にした複数の水子(胎児)の血肉で箱の内部を満たす〟などと禍々しく、この投稿が注目されはじめた当初は、読んだだけで気分が悪くなる者や「呪いがかかった」と言いだす者が続出した。

しかし、そんな騒ぎも話題を呼び、今の日本に旧世界の暗闇が忽然と現れて普通の若者たちが闇の力に立ち向かうことになるという筋立ての面白さも相俟って、『コトリバコ』はネットで大評判になり、民俗学などの見地から独自に検証する者たちも幾人も出た。

その結果、「あたみな」「多肢ばこ」といった別名・同種の呪術が日本各地に実在するらしいということがわかった。

だから、ことによるとコトリバコも本当にあるのかもしれないわけだ。この手の投稿には創作物が多いものではあるが……。

『コトリバコ』の初投稿日は2005年6月6日。

ヒルズ族氏を狙った一連の遺棄事件より3ヶ月も前のことなので、事件に触発されて書かれたものでないことは確かである。

また、胎児の死体を使用した呪術であるという点は一致しているものの、コトリバコにはガラス瓶は用いられていない。

箱根の寄木細工に秘密箱という、開けるのに工夫を強いられる一種のパズルのような工芸品がある。ちょうどあれのような、魅力的な外見を備えた文字通り「箱」であるらしい。

手に取って弄りまわし、是が非でも開けてみたくなるような「箱」――だが、開けてしまえば最後、開けた本人のみならず、その家の女子供は皆、苦しんだ上に死んでしまうというのだから恐ろしい。

箱を家の敷地にその箱を埋められただけでも、家に住まう女は全員不妊になり、家系が途絶してしまうのだとか。

コトリバコとは、子孫を奪う「子盗り箱」のことなのだ。

「変なものが宅配便で送られてきて、ちょっと困ってる」

「変なもの?」

「ジャムやハチミツの容器ってわかる? ガラスで出来たやつ。ああいうのに胎児みたいなのが入ってる。まさか本物じゃないだろうけど。あと、本物だとしても人間の胎児じゃなくて豚とか犬とかのかもだけど、気持ち悪いから……どうしよう?」

「どうしようって言われても。送り返したら?」

「送り主がわからない。書いてあった住所がデタラメっぽいし、知らない人だし。見たことない名前なんだ。開けなきゃよかった」

「警察に届けた方がいいかもしれないね。本物の死体だったらって思うと」

「めんどい。仕事忙しい」

「まあね。警察にそんなの届けたら時間とられそうだよね」

「捨てちゃおうかな。実はすぐ捨てようと思ったんだよね。でも、うちのマンションのゴミ捨て場って監視カメラで撮られてるから、こんな変なもん捨てられないって思い直した。管理人さんが『こんなのが捨ててありました』って警察に届けたら、俺が捨てたの一発でバレちゃうから。だから、中身を生ゴミと一緒に出して、液体を捨てて、容器は不燃ゴミかなとも考えたんだけど」

「そうすればいいじゃん」

「無理。開けるのがイヤすぎる」

「あ、そうか。たしかにイヤだよね」

「うん。絶対イヤだ。じかになんか触れない。瓶だってヤだよ。見るのも怖いから、とりあえず送られてきたとき入ってた箱にしまって物置きに隠してある。そしたら物置きを開けるのが怖いんだ(笑) 掃除機が出せない(笑) 笑ってる場合じゃないけど笑うしかない」

SNSのメッセージでこのやりとりをしたのが先々週のことだ。

金運上昇のラッキーアイテムかもしれないよ、と教えてみることも考えた。

けれども、コトリバコやヒルズ族氏の例を見る限り、胎児の死体は日本においては招運のお守りではなく、殺気のこもった悪意の贈り物のようだ。

それにまた、真偽のほどは定かではないが、招運のお守りとして役立てるためにも道教的な難しい作法を執り行う必要があるとか、3年以内に供養しないと邪悪なものに変わって害をもたらすとかいう話も読んだ。

……彼は、瓶を開けてしまっただろうか。

コトリバコのような呪いがかかっていたら大変だと思い、さっき彼のSNSを確かめたところ、一週間以上前に更新が止まっていた。

「信じてくれないだろうけど、身におぼえはない。女の人を妊娠させて捨てたんじゃないかと思うでしょ。でも違うから!」

「そんなこと思ってないよ」

「よかった。人に相談しづらくてさ。なんかしたんじゃないかって疑われるのってイヤじゃん?」

「そうだよね」

「川奈さんなら話を聞いてくれそうだし、物知りだから何かわかるんじゃないかと思って。瓶に胎児を入れて送りつけるのって、どういう意味?」

「えー、わかんないよ。物知りじゃないし。でも、胎児の瓶詰めが出てくる事件って、10年ぐらい前にあったよね?」

「そうなの? それって、やっぱ俺みたいに、急に送られてきたりしたのかな? なんのために? 犯人つかまった?」

「ちょっと待った。わかんないって」

「ごめん。さっきから質問してばっかで。だけど本当にわけわかんなくって困ってんの」

「だよね。気の毒。なんなら、ちょっと調べてみようか?」

「うん。そうして」

彼の身に何事も起きていませんように。

直接連絡すればわかることだが、もしも無事でなかったらと想像すると恐ろしくて、何日も前からずっと躊躇している。

(文/川奈まり子

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu