ニンニク山盛り!日本よ、世界よ、これが沖縄の老舗「ブエノチキン」だ!

top

1982年創業、今年2015年で33年目を迎える沖縄の老舗「ブエノチキン浦添」

お酢が効いた秘伝のタレに2日間漬け込み、約2時間かけて焼き上げる鶏の丸焼きは、大量のニンニクが“ぎゅっ!”と詰まった沖縄で人気のチキンだ。

幸喜家が家族で運営するこの店は、その人柄と地元に密着したサービスが口コミで広がり、クリスマス前は予約で完売するほどの大人気。通販でも購入でき、全国に幅広いファンを持つ。「一度食べたら癖になる」そんなファンが増加中なのだ。

 

■丸ごと1羽を豪快に! 鶏の丸焼き「ブエノチキン」とは!?

1

黄色と赤の看板が一際目立つ「ブエノチキン浦添」は、店外までチキンの香ばしい匂いが漂う。隣には今年4月29日の「良い肉の日」にオープンした「ブエノキッチン」が!(正確には「いい肉の日」は11月29日である…)

2

アルゼンチンのレシピを参考に、お酢が効いた秘伝のタレを2日間たっぷりと染み込ませ、2時間かけてロースターで焼き上げる鶏の丸焼きは、カットすると中から大量のニンニクが現れる

3

小分けにカットしたチキンをアルミホイルで包み、丸ごと1羽かハーフサイズで販売。チキン一筋で営業している。

幸喜家の明るく面白い人柄も人気の理由のひとつ。店長のコウエイさんは、こんなことまで可能にしてしまう豊かなサービス精神の持ち主だ。

4

 

■「ブエノチキン」の人気の秘訣、それはマーケティングにあった!?

5

娘の通称ブエコさんは、元広告代理店のコピーライター。2012年に脱サラし、家族を手伝うためにブエノチキンで働き始めた。宣伝担当も兼ね、SNSや通販サイトの運用など面白さを交えた手法で宣伝し、2014年1月からその口コミ効果は爆発。オフィシャルサイトをリニューアルした直後、一気に検索流入が拡大したのだ。

そして気づけば、TBS系『ぴったんこカンカン』のテレビ取材や地元新聞社のコラム執筆など、大きなメディアで取り上げられ、その反響は絶大だったという。

6

「チキン野郎Tシャツ」なるものも制作し、宣伝を兼ねて店頭で着用。「ブエノナイト」というイベントを開催してはブエノチキンを提供する、などといった活動もしている。

 

■ブエノチキンが食べられる!「ブエノキッチン」とは!?

7

「ブエノチキン浦添」の隣にオープンした「ブエノキッチン」では、熱々の焼き立てチキンが食べられる。「おひトリさまセット」はドリンク付で800円。鶏だけに「おひトリ」と、メニューのネーミングにもセンスが伺える。

「空腹ではなく、幸福を満たす場所」

そんなテーマを掲げ、ブエノチキンと“人との交流の場”を提供することを目指した「ブエノキッチン」。ブエノチキンの味はもちろん、お店自体も、「一度味わえば癖になる」こと請け合いだ。

ブエノチキン浦添・ブエノキッチン

住所:沖縄県浦添市内間1‐14‐2
電話:098‐876‐0452
営業時間:12:00~20:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜(祝日はオープン、代休あり)正月、ウークイ

(文/しらべぇ沖縄支部・miya‐nee

あなたにオススメ