【赤羽、福生、吉原、四ツ木…】ベタな東京観光に飽きた人のためのDEEPな東京観光入門

ここ数年の間で、都内には中国人をはじめとした外国人観光客の姿が目立つようになった。彼らが主に足を運ぶのは新宿、原宿、秋葉原やお台場など都内の有名繁華街だ。

これらの街は、今や英語や中国語で書かれた看板が立ち並び、元来の土着性からは遊離した商業化された観光地の様相を呈している。

だが、東京都内にはいまだ観光地化されていないディープなスポットが少なくない。

本サイトが過去に紹介した都内のディープスポットをご紹介しよう。

 

◆墨田区玉ノ井・鳩の街

【現地報告】スカイツリー至近の売春街にはこんなオシャレカフェができていた!

tamanoi

かつて事実上当局の黙認で設けられていた売春街、通称「赤線地区」。スカイツリーからほど近い玉ノ井・鳩の街エリアはその名残を見ることができる数少ないスポットだ。

近年はおしゃれなリノベーションカフェも進出し、歴史と革新を同時に見ることのできる場所となっている。

 

◆北区赤羽

【東京都北区赤羽】地元民に聞いた!観光地になっていない観光スポット厳選5つ

【東京都北区赤羽】ディープな実態を知りたいならこの5大スポットに行きなさい

akabane

いま、もっとも注目を集める都内のディープスポットが東京都北区赤羽だ。きっかけは漫画『東京都北区赤羽』(清野とおる・作)の大ヒットだ。

赤羽には1000円で気持ちよくなれる居酒屋、通称「センベロ」の店が多く立ち並ぶ。店内の何よりのBGMは個性あふれる客たちの会話。一度訪れた人の中にはやみつきになる人が少なくない。

◆台東区千束(通称・吉原)

まだ吉原をソープ街と思ってるんですか?女性ライターが行く吉原名物カフェ5店

yosiwara

こちらも玉ノ井・鳩の街と同様にかつて赤線地区だったエリアだ。現在は高級ソープランドが建ち並ぶ場所として知られる吉原だが、最近では本格スイーツを提供するカフェが進出している。

一度足を運べば、ステレオタイプに語れがちな吉原のイメージが更新されることだろう。

◆葛飾区四ツ木

女性ライターが行く!風情ある葛飾・四ツ木商店街跡を歩く 人気ベーカリーとトンカツも

yotugi

葛飾区四ツ木では高度経済成長を支えた商店街跡を見ることができる。大手メディアや観光ガイドが商業施設のような「新たに生まれゆくもの」に注目する一方、ここで見るべきは「今後消えゆくもの」だ。

むろん、希少性があるのは「消えゆくもの」のほうだ。東京の語られてこなかった歴史を見たい人にとっては間違いなく満足できる場所と言える。

◆福生市

インド、韓国、アメリカ…旧赤線エリアから各国料理が味わえる街へ変貌した福生駅東口入門

fussa

戦後日本の歴史と切っても切り離せないのが日米関係。日本各地に設けられた米軍基地のあるエリアには、米国の香りを残すパブや商店を多数見ることができる。福生市もそのひとつだ。

ぜひ、ディープな近代史を街の建物群から感じ取ってほしい。

(文/しらべぇ編集部

理想の恋人とDEEPな東京観光しない?
恋がしたくなったらこちら♡

あなたにオススメ