【パワースポット】行けばいいわけじゃない?「はしごNG」な寺社仏閣3選

2015/11/14 06:00

パワースポットとして人気の神社仏閣。「寺ガール」と呼ばれる寺好きの女性たちの出現や、月9で山下智久さんがイケメン僧侶役を演じるなど、寺社仏閣への関心度はますます高まってきている。

しかし、その参詣には少し注意が必要だ。あまり知られていないが、実は「はしごNG」の寺社もあるのだ。代表的なものをチェックしておこう。


画像をもっと見る

 

①神田明神 ☓ 成田不動尊

神田明神

平将門公と言えば、首塚のそばにある企業は塚にお尻を向けないように机を配置しているという噂もあるほど、祟りを恐れられる神でもある。その強い力が間違ってもマイナスに出ないように万全を期したいところ。

そんな平将門公を祭る神田明神と同じ日に参ってはいけないのが、成田不動尊

なぜなら、成田不動尊は彼を征伐した藤原秀郷が戦勝祈願した寺だからだ。敵が自分を倒すために祈った寺院が、将門公にとって面白いはずがない。間違ってもはしごしないようご注意を。


関連記事:【木の根や岩をよじ登れ!】怖いけどご利益あり!?絶対行きたい秘境の神社・お寺5選

 

②出雲大社 ☓ 伊勢神宮

出雲大社

日本最古の書物とされる日本書紀は、神話の本だと思われがちだが、実は「正史」として正式に認められている。

その中には古代の激しい戦争が描写されており、天照大神(ああてらすおおみかみ)の軍が出雲に侵略し、大国主命(おおくにぬし)を始めとする出雲の国の神々を降伏させたと書かれている。

気になるのは出雲を譲り渡す際の交渉だ。天照大神の使者は「現世の政治は天照大神の孫がするので、あなたは幽界の神事を司りなさい。その代りあなたのために大きな宮殿を建て、祭りましょう」と迫り、大国主命はそれを承諾している。

「幽界の神事を司りなさい」というのは、すなわち殺されたということだろう。そして、彼を祭るための巨大な神殿が建てられた…というのだから、それが出雲大社である可能性は十分ある。

出雲大社と天照大神を祭る伊勢神宮をはしごするのはやめた方が賢明だ。伊勢神宮


関連記事:サラリーマンの街・新橋で商売祈願をするならココ!居酒屋に囲まれた立地も抜群

 

■天満宮 ☓ 春日神社

北野天満宮

天満宮のご祭神である菅原道真公は、現在でこそ学問の神様とされているが、平安時代は祟り神として大変恐れられていた。大宰府に左遷されて亡くなった後、平安京には疫病が流行り、落雷により多くの貴族が亡くなったからだ。

春日大社

道真が特に恨んだのが、左遷の原因となった政敵の藤原時平公。となると、藤原氏の氏神とされる春日大社や各地の春日神社と、これまた各地にある天満宮は続けて参らない方がベターだろう。

霊験あらたかな神社仏閣同士が近くにあれば、ついつい続けて参りたくなるものだが、仇となっては意味がない。はしごをするときはご祭神のチェックを忘れずに。

(取材・文/しらべぇ編集部・上江洲 規子

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

はしご神社パワースポット寺ガール天満宮
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング