山ごもり経験者に聞いた「冬山で野宿して死なないための心得」

2016/03/13 09:30

 ©iStock.com/den-belitsky
©iStock.com/den-belitsky

「山で遭難したらどうしよう」


そんな心配をした経験はないだろうか。杞憂のようなものだが、実際に起こらないとは言い切れないアクシデントだ。

もし、実際にこのようなトラブルが発生したとき、どう対処すればいいのか。しらべぇ取材班は、山ごもりの経験がある男性に野宿の心得を聞いてみた。



 

■そもそも、なぜ山ごもりをしたのか

「なんとなく、だね。理由はないよ。周りを山に囲まれた土地に生まれたからかもしれない。高校生の時に親と喧嘩して家出した結果、山で野宿したこともあったけどね。


その時の経験を踏まえて、万全の準備をして山ごもりしたんだ。野宿は危険を伴う行為だから、あえてオススメはしないね」


関連記事:「絶対登ったほうがいい!」と即答する人も!富士登山のエピソードを聞いてみた

 

■山ごもりをする際に気をつける点は

「まず、寝床にする場所は獣道を避けることだね。もしイノシシと出会えば人生が終わるから。あいつらからは逃げられる気がしない。ウサギなら可愛いからいいんだけども。


あと湿気のないところを選ぶことだね。湿気があると夜は格段に冷える。体温が奪われるので、なるべくそういう場所は避けるべきだ。


野宿するからには火を焚くと思う。料理もこの火を使うことになる。でも、焚き火をする場所と寝床は離すべきだね。炭で寝床が汚れちゃうと凹むから。


俺はプレハブ小屋の廃墟を見つけたから、そこを寝床にしてたよ。廃墟って荒れてる場合があるから、ガラス片が落ちてないからだけ注意する必要があるけどね」


関連記事:【全ての趣味には「好き」の理由がある】25才の彼はなぜ「山菜採り」が趣味になったか?

 

■山ごもりに持って行くべき必須アイテムは

「ライターだね。火があれば、だいたいなんとかなる。焚き木はいくらでも転がってるから。オイルもあれば完璧だね。


食べ物はチョコレート。これが一番助かる。冬山では、やっぱりなによりカロリーが大事。これがなかったら死んでたんじゃないかってぐらい重宝したよ」


そうそう山で野宿をする機会は訪れないだろう。しかし、絶対にないとは言い切れない。外出をする際には、ライターとチョコレートをポケットにしのばせるようにしておくといいだろう。

これでいつ遭難しても怖くないはずだ。

(取材・文/しらべえ編集部・モトタキ

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

取材遭難野宿
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング