【最悪動画】沖縄米軍が運転する「Yナンバー」の危険運転がヤバすぎ

社会

2016/06/05 18:00

sirabee160605beigun

2016年6月5日、沖縄・嘉手納基地所属の海軍兵が酒酔い運転による道路交通違反で逮捕された。

先月に起きた元海兵隊員の男が起こした、女性の死体遺棄事件の謹慎期間中だというのにまったく反省の色が見られない事件だが、じつは米兵の危険運転は今に始まったことではない。



 

■Yナンバーは運転が荒い

沖縄では「米軍関係者が運転するYナンバーには近寄らないほうがいい」と言う人が少なくない。Yナンバー車は、保険に入っていなかったり運転が荒いことで知られており、あまり評判はよくないのが現状だ。

実際に記者も「助手席に大人ふたりで乗る」といった意味不明な運転や「法定速度で走っていると後ろから煽られる」などのよくある危険行為を見かけたことはあるのだが、さらにヒドい内容がYoutubeに投稿されていたので紹介したいと思う。


関連記事:米軍が沖縄で謝罪 現地で気づいた「謝るより先にやるべきこと」

 

■Yナンバーの危険動画

まずはウインカーもなしに無理矢理割り込むYナンバー。こんなことをされたら「日本人がナメられてる」と思われてもしかたがないだろう。

対向車がギリギリまで来ているにもかかわらず無理矢理右折するYナンバー。タイミングがずれていたら衝突していてもおかしくない。

ギリギリまで来ているどころか、直進車両に突っ込む寸前で止まりクラクションを鳴らされるYナンバー。待つということを知らないのだろうか?

こちらは右折車線を猛スピードで無理矢理直進するYナンバー。注意力が足りないというレベルではなく、完全に危険運転である。

これは危険な運転をしていない米軍の車両を止めて煽る沖縄の反基地車両。完全にとばっちりである。


■米軍は早急に規律を正すべき

5月から6月に立て続けに起きた米軍関係者の事件により、また「米軍のマナーの悪さ」についてもSNSなどで多く取り上げられるようになってきた。

事件の発生率などは日本人が起こす確率のほうが高いのかもしれないが、そういった数値で見えないところで沖縄県民たちが米軍に対して憤りを感じているのは事実。米軍には早急に規律を正すことが望まれる。

あわせて読みたい→初めて沖縄旅行へ行くときに心掛けたい10のこと

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男