洗濯物をたたむのは終わり!自動衣類たたみ機「フォルディメイト」がスゴい

動画

2016/06/13 11:30

※画像はYouTubeのスクリーンショット
※画像はYouTubeのスクリーンショット

日々の洗濯において何が一番時間がかかるかと言ったら、取り込んだ洗濯物をたたむ作業なんじゃないだろうか。

全自動洗濯機のおかげで汚れた衣類を洗うのはほとんどワンタッチで済む現代でも、干したりたたんだりはなかなか簡単にはいかないもの。

しかし、そんな面倒な「たたむ」を自動でやってくれるロボットが開発されたとしたらどうだろう?



 

■全自動衣類たたみ機

米サンフランシスコのスタートアップ企業が開発した「Foldimate(フォルディメイト)」は、洗濯の中でも特に面倒な作業を肩代わりしてくれる全自動衣類たたみマシーン。

洗った服を機械のハンガーをセットしておくだけで、1枚あたりわずか10秒程度、同時に10枚から20枚の衣類を綺麗に折りたたんでくれる。


関連記事:満員電車で男子と密着!ときめいてしまう女子の割合は…

 

■お手軽、簡単、多機能

サイズを揃えてたたんでくれるだけでもありがたいのだが、フォルディメイトは更にスチームやサニタイズ(除菌)、香り付けなどの機能も備わっているようだ。

人の手を必要とする作業はハンガーにセットするのと出てきた衣類を回収することくらいなので、小さい子供やものぐさな旦那さんでも進んでお手伝いできそうなところが良いよね。

■規格外のサイズはNG

そんなフォルディメイトの弱点は、ベッドリネンのような大きなもの、靴下や下着といった小さな衣類には対応していないということ。それから大きさは機能の割にそこそこコンパクトだが、それでも小型の洗濯機や乾燥機くらいのサイズはあるのでスペースの確保は必須だろう。

気になるお値段は700ドル~850ドル(約7万5千円~9万円)と少々高額。でも「これから先ずっと洗濯物をたたまなくてもいいんだったら喜んで導入する!」という人は結構いそう。

フォルディメイトが普及すれば、いずれは大手家電メーカーもこぞって全自動衣類たたみ機を作るようになるかもしれない。靴下や下着も放り込むだけでたたんでくれる万能タイプが開発される日もそう遠くないかもしれないよね。

https://www.youtube.com/watch?v=swNgjX0xHC8

あわせて読みたい→満員電車で男子と密着! ときめいてしまう女子の割合は…

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま