ローストビーフ丼の次は混ぜて味わうローストビーフ油そば

2016/07/10 20:00

近年、山のように高く積み重ねられたローストビーフ丼がブレイクし、提供する店が増加している。そんな中、新宿では油そばにローストビーフを合わせた新しいメニューが登場した。

2015年9月26日にオープンした『ローストビーフ油そば ビースト』は、大人のグルメ系油そばと題して赤身肉をたっぷり使用したローストビーフ油そばを展開。

店の扉をあけるとすぐ目の前に肉塊が入ったショーケースがあり、食欲をそそられる。


画像をもっと見る

 

■3段階の肉増しとトッピングカスタマイズ

sirabee160708beast01

ローストビーフ油そばは、並盛りのシングルミートで80グラム。肉増しは140グラムのダブル、200グラムのクイーン、450グラムのキングまで3段階用意されている。価格は基本の並盛りで900円、キングになると2400円。

各テーブルやカウンターには食べ方の説明が書かれたものが置いてあり、其の一はまずそのままローストビーフを味わうこと。ハネシタ肉赤身の味をしっかり噛みしめ、お好みで黒胡椒をふりかけるのがオススメ。

sirabee160708beast02

其の二は、ムラなく鉢の底からかき混ぜること。タレが器の下のほうに溜まっているので、具と一緒によく絡めていく。ミディアムレアの自家製ローストビーフと太麺、そしてキレのあるやみつき醤油ダレの相性は抜群だ。

sirabee160708beast03

其の三は、味の変化を楽しむこと。この店では、刻み茎わさび・にんにく・玉ねぎみじんを無料でトッピングすることができる。テーブルに備え付けてある、酢やラー油も加えて刺激的なテイストにするのもいいだろう。


関連記事:肉食女子が挑戦!秋葉原『ヒーローズ』の1ポンドの巨大ステーキ

 

■濃厚なクリームビーストは女性に人気!

sirabee160708beast04

通常のローストビーフ油そばの他にも、「クリームビースト」や「辛味噌ビースト」といった種類がある。写真はクリームビーストにアボカドをトッピングしたもので、有料トッピングは他にもチーズクリーム・チーズマヨ・パクチー・白ねぎ・温玉・辛玉などがある。

sirabee160708beast05

わさびクリームソースと温玉が入っているクリームビーストは、濃厚かつマイルド! まるでカルボナーラパスタのようで、女性にも人気があるメニューらしい。トッピングにはチーズクリームを選ぶ人が多いようだ。

sirabee160708beast06

そして、最後のお楽しみは無料の追い飯。油そばを食べ終えたあと、残ったスープの中に飯をいれて味わうのがまた楽しい。クリームビーストの場合は、飯を入れるとリゾットのような感覚になる。

看板商品はローストビーフ油そばだが、「ローストビーフは気になるが、やはり麺よりもご飯と共に味わいたい!」という人は、1日限定10食の「特製ローストビーフ丼」を狙って開店時刻に来店してみるのもアリだ。

【ローストビーフ油そばビースト 歌舞伎町本店】
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-37-2 鈴木ビル1F
営業時間 11:00~翌8:00

・合わせて読みたい→夏のお祝いは「肉パフェ」で決まり! 数量限定の極上メニューも

(取材・文/しらべぇ編集部・野山苺摘

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

グルメ油そばローストビーフローストビーフ油そばビースト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング