子供が取り違えた子だったら…「血縁vs育てた子」59.0%で勝ったのは

ThinkstockPhotos-481074054_compressed
kazoka30/iStock/Thinkstock

「もしも自分の子供が取り違えた子だったら…」という空想をしたことがある人もいるだろう。血のつながった子と育てた子、どちらか一方しか選べないとしたら…?


 

■血のつながった子4割、育てた子6割!

しらべぇ調査班が、全国の男女に調査を実施したところ、「血のつながった子を選ぶ」が41.0%、「育てた子を選ぶ」が59.0%となった。

また男女別で見ると…

子供

「血のつながった子を選ぶ」と回答したのは、男性よりも女性が多いという結果に。「お腹を痛めて産んだ我が子を育てたい…」という思いや、女性ならではの母性本能が関係しているのだろうか。


 

■高所得者ほど血のつながりを取る!

子供

また年収別で見ると、700万円以上の高所得者になると「血のつながった子を選ぶ」人が多くなることが明らかに。


■それぞれの意見は?

では、両者の意見はどうだろうか。取材班は、人々に話を聞いてみた。

①血のつながった子を選ぶ派

・育てれば愛着がわくだろうけれど…やっぱり他人の子供を育てるのは抵抗がありますね…(男性・28歳)


・自分がお腹で大事に育てて生んだ子と歩んでいきたいです(女性・25歳)


・愛する人との子供を育てたい。見ず知らずの男性の子供を育てたくはない…(女性・24歳)


②育てた子を選ぶ

・別の人を母親だと思っている子を育てる自信がないから…(女性・26歳)


・自分をママと呼んで懐いている子を、血がつながってないからという理由だけで「はい、さよなら」と手放すことはできない(女性・30歳)


・血のつながりを取るのは、なんか冷たい人のように感じる…(男性・27歳)


昔から子供の取り違え事件は、少なからず起こっている。永遠に頭を悩ます議論となりそうだ。

・合わせて読みたい→【法律】血液型で差別するのはダメ? 弁護士に聞いた

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

qzoo

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1376名(有効回答数)

あなたにオススメ