台風がよく来る地域は「台風予報が大好き」?その関連性は…

2016/09/26 20:00

katana0007/iStock/Thinkstock
katana0007/iStock/Thinkstock

先月発生した台風10号は観測史上初の東北地方への直接上陸となり、各地に大きな被害をもたらした。

被害を最小限に食い止めるためにも重要な台風情報。大きさや強さ、そして進路を刻々と変えていく台風に対応するには、予報を見ることが大切だ。

しかし、中には「そういった情報や中継を見るのが好き」という人も。

しらべぇ編集部では「台風が近づいている予報や中継を観るのが好き」かどうかを調査。その結果、台風の経験の多さと回答との間に、ある関連性が見られた。


画像をもっと見る

 

■都道府県別の台風上陸件数

まず、気象庁の統計が開始された1951年から2016年(台風4号まで)の、都道府県別の台風の上陸数を見てみよう。

Sirabee10160924tobi-taifuR-1

やはり日本の西の地域、九州地方の県を中心に台風の上陸数が多い。日本全体が「台風の通り道」と言われるが、中でもこれらの県の人たちは毎年悩まされ、被害も大きいところ。

ちなみに沖縄が入っていないのは「沖縄には台風が上陸しない」ため。不思議に思えるが、気象庁の定義では上陸=本土(本州、北海道、九州、四国)の海岸線にまで台風が到達した場合を指すのだ。



関連記事:3つの台風が一度に来るから「台風一家」?誤解していた割合は…

 

■台風の上陸件数との関係性

上陸回数が多ければ多いほど、台風が嫌いで予報や中継は見たくないのでは、と思われる。

そこで台風の上陸件数と「台風の予報や中継が好き」の回答率を比較したのが次のグラフだ。

Sirabee10160924tobi-taifuR-2

意外なことに、台風の上陸が多い地域ほど「台風の予報や中継が好き」の回答率が高くなる。

幼少期からの台風経験が台風を身近なものにし、接近に備えた準備なども早期に着手しなければならないため、好んでチェックしているのかもしれない。


■まだ台風シーズンは終わっていない

今年の台風は異常だ、ここ50年で一番大きい、など言われている。原因として考えられているのが地球温暖化。そして、その影響で台風シーズンの最盛期が変化しているという説も。

次のグラフは2010年から2015年までの月別平均の台風上陸数を表している。

Sirabee10160924tobi-taifuR-3

9月が最盛期とはいえ、10月も少なくない。専門家によると、今後秋口へのずれ込みが予想されている。まだまだ安心できないのだ。

河川や山間部などで気になる箇所があれば、早めに自治体に相談するなど台風や大雨への対策をしておこう。まだ注意すべき期間であることを忘れないようにしたい。

合わせて読みたい→まるでボージョレヌーボー? 台風を表現するNGワードと規則とは

(取材・文/しらべぇ編集部・谷葦夫

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
 調査期間:2016年8月26日~2016年8月28日
 対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数)

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

台風天気予報調査防災気象庁
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング