トム・クルーズが出演作をセルフパロディ! 映画ファン爆笑

エンタメ

2016/10/30 18:00

画像はTwitter The Late Late Showのスクリーンショット
画像はTwitter The Late Late Showのスクリーンショット

ハリウッドスター、トム・クルーズが過去に出演した映画をセルフパロディした動画に、映画ファンが歓声をあげている。

動画はアメリカのテレビ局・CBSの『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』で放映されたもの。

司会を務めるジェームズ・コーデンとともに、トム自身が過去の出演作をパロディ、再演した。


画像をもっと見る

 

■『トップガン』『ミッション:インポッシブル』のパロディ

『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』ではこれまでにも、マット・デイモンやアーノルド・シュワルツェネッガーなど大スターが自身の出演作をセルフパロディ。

トム・クルーズは日本でも11月11日から公開される主演作『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のPRを兼ねて同番組に出演・セルフパロディに挑戦した。

ブルーバックで背景を合成しながら撮影される。

トムの出世作『トップガン』から。一世風靡したレイバンのサングラスとMAー1が懐かしい。

トムの代名詞『ミッション:インポッシブル』シリーズから。名シーンが蘇る。

ほかにも『インタビュー・ウィズ・バンパイア』『レインマン』『マイノリティ・リポート』『カクテル』『ラスト サムライ』『卒業白書』など熱演。短時間で再現し、どの作品にも印象的なシーンがあることをあらためて知らしめた。


関連記事:Iカップグラドル・メイリ、Tシャツをまくったセクシー動画が大好評 「ほんと最高」

 

■ファンは歓喜

放映後、日本でも動画が拡散。しらべぇ取材班はファンの歓喜の声を集めてみた。

https://twitter.com/69Generation/status/790185516050239488

https://twitter.com/mounemukute/status/789305474776576002

大スターが自身の作品をパロディ化するファンサービスに「日本の主演俳優も見習ってほしい」との意見もあるほど好評を博していた。

11月、トム・クルーズは主演最新作『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の監督・エドワード・ズウィックとともに1年3ヶ月ぶりの来日を予定している。

親日家であるトムの来日をファンも待ちわびていたようだ。

2012年に公開された『アウトロー』の続編となる新作映画も魅力的だが、何よりもそのサービス精神で、また日本のファンを魅了していくことだろう。

・あわせて読みたい『逃げ恥』パロディが面白すぎると話題 あの報道番組にガッキーが出演

(取材・文/しらべぇ編集部・サバマサシ