薄毛になったら植毛・増毛する?20代の夢を壊す価格の問題

ライフ

2016/11/07 05:00

植毛や増毛をしたい
©ぱくたそ

頭皮が薄くなっても、自分の力で止めることはできない。ストレスなど一時的なもの以外は、植毛や増毛など人工的な施術をするしかないだろう。

そこでしらべぇ編集部では、20〜60代の髪がフサフサな男性268名に「もし頭皮が薄くなってきたら、植毛や増毛を考える」かの調査をおこなった。

その結果、全体では20.1%の人がなんだかの対応をすると回答をしたのだ。



 

■20代「絶対にする」40代「そんな金ない」

年代別では、若い層だけが多くなっている。

植毛や増毛をしたい年代別グラフ

20代では半数近くが植毛や増毛を考えると回答しているが、それ以降は年代が上がるにつれ減少傾向に。若い頃は見た目を気にするが、年を取るとあまり気にしなくなるのだろうか。

「今は髪形を含めて、おしゃれを楽しんでいるのに。髪がないだけで一気に老けて見られそうだし、なにか対応はしたい」(20代男性)


若い人の意見に対して、次のような批判も。

「植毛や増毛なんて、いくらかかると思ってるのか。安いかつらは、バレバレで見た目も悪い。ハゲ散らかさず、清潔感のあるハゲになるしかない」(40代男性)


タレントの板東英二が脱税問題の記者会見の際、「植毛が経費で落ちると思っていた」と発言した。植毛だけが申告漏れの原因とは考えがたいが、それだけ植毛にはお金がかかるのはたしかである。


関連記事:アインシュタイン稲田、増毛した髪がめくれる悲劇 子供の一言に衝撃

 

■結婚したから髪の毛はどうでもいい?

結婚をしているかどうかでも、薄毛への対応は異なるようだ。

植毛や増毛をしたい未既婚グラフ

結婚をしている人よりもしていない人のほうが、薄毛になった場合に植毛や増毛を考えるようだ。配偶者ができたら、もう髪はなくなってもいいのだろうか。

「妻は、ハゲたくらいで離れないと思いたい。それより高額な植毛や増毛をするほうが、揉める原因になりますよ」(30代男性)


植毛や増毛は、既婚者にとって余計な出費とみなされるらしい。

ソフトバンクグループの孫正義社長は、誰もが認めるお金持ちだが髪はあのままである。髪の有無だけで、人の魅力が左右されるわけでないとことがわかるだろう。

・合わせて読みたい→身体的特徴での悪口は最悪だ! 仕方なくハゲをネタにする人も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の髪がフサフサの男性268名(有効回答数)